(C)Getty Images
VICTORY

多発するJリーガーのスキャンダル、不安視される日本サッカー界の実情

DV、酒気帯び運転、セクハラ疑惑に、不倫騒動――2020年後半のサッカー界は、Jリーガーによるスキャンダルのオンパレードだった。新型コロナウイルスの影響で4カ月以上の中断期間を乗り越えてリーグ戦の再開にこぎつけ、当初は無観客だった会場にサポーターの姿が徐々に増えていったのは、Jリーグ、クラブ、そして数多の選手とサポーターの努力によるもの。苦難の中でも実りあるシーズンとなるはずが、一部選手の愚行によってJクラブが社会からイエローカードを突きつけられそうになっている。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter