FA補強は昨秋のドラフトで掲げた「発掘と育成元年」に逆行するようようだが、打倒ソフトバンクへ選手が育つのを待っていられないのも事実。梶谷&井納の2人が“足りないところ”を埋める活躍を見せ、9年ぶりの日本一が叶うことを願うばかりである。

 ただ、そもそも高卒1年目から故障もなくバリバリやらない限り、30代になってからになる日本でのFA制度。今回の梶谷が32歳、井納は34歳での加入で、基本的にキャリアの後半、よくてピークでの移籍になるため、加入から長く活躍することは難しい。若手育成への影響や人的補償も含めて弊害も多く、個人的には好きではないが、今回のようなケースでは短期的にチームの出力アップになればいい制度だと考えたい。

 そう捉えてこれまでに獲得した26人(12球団最多)のFA選手が、日本一達成のために有効だったのかを、再確認も含めて振り返ってみようと思う。


~ジャイアンツに加入したFA選手~

◆落合博満内野手(中日からFA)
・加入初年度(1994年)成績(当時40歳):129試合、打率.280、15本塁打、68打点
 →チームは日本一
・巨人通算成績(在籍3年):352試合、打率.296、53本塁打、219打点

◆広澤克実内野手(ヤクルトからFA)
・加入初年度(1995年)成績(当時33歳):131試合、打率.240、20本塁打、72打点
 →チームはリーグ3位
・巨人通算成績(在籍5年):384試合、打率.259、56本塁打、178打点

◆川口和久投手(広島からFA)
・加入初年度(1995年)成績(当時36歳):17試合、4勝/6敗、防御率4.42
・巨人通算成績(在籍4年):85試合、8勝/13敗、4セーブ、防御率4.32

◆河野博文投手(日本ハムからFA)
・加入初年度(1996年)成績(当時34歳):39試合、6勝/1敗、3セーブ、防御率3.29
 →チームはリーグ優勝
・巨人通算成績(在籍4年):108試合、10勝/4敗、5セーブ、防御率3.76

◆清原和博内野手(西武からFA)
・加入初年度(1997年)成績(当時30歳):130試合、打率.249、32本塁打、95打点
 →チームはリーグ4位
・巨人通算成績(在籍9年):846試合、打率.266、185本塁打、576打点

◆江藤智内野手(広島からFA)
・加入初年度(2000年)成績(当時30歳):127試合、打率.256、32本塁打、91打点
 →チームは日本一
・巨人通算成績(在籍6年):627試合、打率.256、101本塁打、296打点

◆工藤公康投手(ダイエーからFA)
・加入初年度(2000年)成績(当時37歳):21試合、12勝/5敗、防御率3.11
・巨人通算成績(在籍7年):128試合、53勝/40敗、防御率4.05

◆前田幸長投手(中日からFA)
・加入初年度(2002年)成績(当時32歳):53試合、4勝/4敗、1セーブ、防御率2.74
 →チームは日本一
・巨人通算成績(在籍6年):240試合、11勝/8敗、4セーブ、12ホールド、防御率3.80

◆野口茂樹投手(中日からFA)
・加入初年度(2006年)成績(当時32歳):1試合、0勝/0敗、防御率9.00
 →チームはリーグ4位
・巨人通算成績(在籍2年):32試合、1勝/1敗、4ホールド、防御率4.74

◆豊田清投手(西武からFA)
・加入初年度(2006年)成績(当時35歳):38試合、1勝/4敗、13セーブ、7ホールド、防御率3.32
・巨人通算成績(在籍5年):197試合、9勝/14敗、22セーブ、71ホールド、防御率3.12

◆小笠原道大内野手(日本ハムからFA)
・加入初年度(2007年)成績(当時33歳):142試合、打率.313、31本塁打、88打点
 →チームはリーグ優勝
・巨人通算成績(在籍7年):701試合、打率.296、138本塁打、413打点

◆門倉健投手(横浜からFA)
・加入初年度(2007年)成績(当時34歳):12試合、1勝/5敗、防御率5.97
・巨人通算成績(在籍2年):23試合、1勝/7敗、2ホールド、防御率5.28

◆藤井秀悟投手(日本ハムからFA)
・加入初年度(2010年)成績(当時33歳):23試合、7勝/3敗、防御率3.76
 →チームはリーグ3位
・巨人通算成績(在籍2年):24試合、7勝/3敗、防御率3.83

◆村田修一内野手(横浜からFA)
・加入初年度(2012年)成績(当時31歳):144試合、打率.252、12本塁打、58打点
 →チームは日本一
・巨人通算成績(在籍6年):795試合、打率.274、109本塁打、391打点

◆杉内俊哉投手(ソフトバンクからFA)
・加入初年度(2012年)成績(当時31歳):24試合、12勝/4敗、防御率2.04
・巨人通算成績(在籍7年):91試合、39勝/22敗、防御率3.03

◆大竹寛投手(広島からFA)
・加入初年度(2014年)成績(当時31歳):22試合、9勝/6敗、防御率3.98
 →チームはリーグ優勝
※在籍中

◆片岡治大内野手(西武からFA)
・加入初年度(2014年)成績(当時31歳):126試合、打率.252、6本塁打、32打点、24盗塁
・巨人通算成績(在籍4年):271試合、打率.246、18本塁打、72打点、49盗塁

◆相川亮二捕手(ヤクルトからFA)
・加入初年度(2015年)成績(当時39歳):40試合、打率.313、4本塁打、17打点
 →チームはリーグ2位
・巨人通算成績(在籍3年):106試合、打率.264、4本塁打、24打点

◆金城龍彦外野手(DeNAからFA)
・加入初年度(2015年)成績(当時39歳):36試合、打率.233、1本塁打、10打点
・巨人通算成績(在籍1年):36試合、打率.233、1本塁打、10打点

◆脇谷亮太内野手(西武からFA)
・加入初年度(2016年)成績(当時34歳):54試合、打率.157、1本塁打、7打点
 →チームはリーグ2位
・巨人通算成績(在籍3年):106試合、打率.192、1本塁打、7打点 ※FA加入後のみ

◆山口俊投手(DeNAからFA)
・加入初年度(2017年)成績(当時30歳):4試合、1勝/1敗、防御率6.43
 →チームはリーグ4位
・巨人通算成績(在籍3年):60試合、25勝/14敗、1セーブ、1ホールド、防御率3.47

◆森福允彦投手(ソフトバンクからFA)
・加入初年度(2017年)成績(当時31歳):30試合、1勝/3敗、6ホールド、防御率3.05
・巨人通算成績(在籍3年):39試合、1勝/3敗、9ホールド、防御率4.33

◆陽岱鋼外野手(日本ハムからFA)
・加入初年度(2017年)成績(当時30歳):87試合、打率.264、9本塁打、33打点、4盗塁
※在籍中

◆野上亮磨投手(西武からFA)
・加入初年度(2018年)成績(当時31歳):25試合、4勝/4敗、1ホールド、防御率4.79
 →チームはリーグ3位
※在籍中

◆炭谷銀仁朗捕手(西武からFA)
・加入初年度(2019年)成績(当時32歳):58試合、打率.262、6本塁打、26打点
 →チームはリーグ優勝
※在籍中

◆丸佳浩外野手(広島からFA)
・加入初年度(2019年)成績(当時30歳):143試合、打率.292、27本塁打、89打点、12盗塁
※在籍中



 こうして振り返ってみると、小笠原を筆頭にチームの力になってくれた選手は数多くいる。もちろん成功とは言い難い選手もいるが、小笠原のほか、落合や工藤、前田、杉内らは加入初年度に活躍してチームを日本一に導いてくれた。

 データを整理すると、ジャイアンツがFA補強を行った全16シーズンの結果は、リーグ優勝が8回、うち日本一4回という結果。FA制度が導入された1994年シーズン以降のチーム成績は、27年間でリーグ優勝が12回、日本一5回なので、データからFAでの戦力補強は即効性があることがよく分かる。

 同リーグからの移籍になる梶谷&井納はある程度活躍のメドが立つし、データが後押しするようにリーグ3連覇、そして悲願の日本一へ力となってくれるはずだ。

 ただ、2人がソフトバンクと対戦した2017年の日本シリーズでは、梶谷がホームランを1本打ったものの打率.217、井納は3試合に登板して防御率9.53と、どちらも……だったけれど。



※敬称略。データは2/22現在

越智龍二

著者プロフィール 越智龍二

1970年、愛媛県生まれ。なぜか編集プロダクションへ就職したことで文字を書き始める。情報誌を中心にあらゆるジャンルの文字を書いて25年を超えたが、好きなジャンルは、巨人、ヴェルディ、パチスロ、漫画、映画。会ったら緊張で喋れない自分が目に浮かぶが、原監督にインタビューするのが夢。