文/服部健太郎

日本球界に深く根づいていた指導セオリー

「投げにいくときに、グラブを持ったほうの手を体に巻き付けるように強く引け!」

 いまから38年前となる1979年。小学6年生だったわたしは、所属していた少年野球チームのコーチよりブルペンにて冒頭のアドバイスをもらった。わたしは右利き。「ボールを持つ反対側の左手をもっと力強くダイナミックに使え」との助言だった。

「グラブ側の手を強く引くと、ボールを持った方の右肩が勢いよく前に出てくるから右腕もより強く振られる。左手で右肩を前へ引っ張り出してくるんだ」

 わたしは、「なるほど!」と思った。やけに説得力のある説明だった。そういう視点でプロ野球選手のフォーム画像を観察すると、たしかに多くのピッチャーはグラブを引いているように見える。野球の教則本にも「グラブを持った方の手を勢いよく後方に引くように使おう」と記されていることが珍しくなかった。

 わたしはなんの疑いもなく、グラブを後方に勢いよく引き続けた。ボールは以前よりも速くなったような気はしたが、制球力が悪化したことが悩みの種だった。ボールがスライダー回転したり、シュート回転することも増えた。わたしは、「きっとこれはフォーム改良による一時的な副作用。このフォームでもきちんと制球されたボールを投げられるように練習して 適応していかなきゃ」と考えるようにしていた。

国が変わればセオリーも変わる?

 その後、中学に上がり、父親の仕事の都合で約2年間のアメリカ生活を送ることになったわたしは、現地の中学校の野球部に入部した。ある日、投手志望の選手が集められ、チームの監督によるフォーム指導が行われたことがあった。教義はグラブ側の手の使い方にも及んだが、驚いたのはその内容だった。

「グラブは体の前に置いておき、そのグラブに対して体を寄せていきなさい」

 わたしは初めて耳にする指導表現にびっくりし、気が付けば手を挙げていた。

「監督、日本ではグラブを強く後方に引くように使えという指導を受けてきました。日本ではたくさんの技術書にもそう書いてあります」

 監督は「ほぅ」という表情をしていた。

「引く、かぁ。それは初めて聞く表現だなぁ」

 わたしは日本でコーチに言われた内容を軸に「引くべき根拠」を説明した。周りのチームメートも興味深そうにこちらを見ている。わたしが身振り手振りで一通り説明し終えると、コーチはわたしを真似するように左肩を引く動作を数回繰り返した。そしてこう言った。

「一見、理にかなっているように思えるけど、これだとただ回転しているだけで支点が作れないぞ?」

「支点、ですか?」

「そうだ。グラブは止めておいて、支点のように使わないと、体の軸もぶれるし、結局のところ腕も速く振れなくなる。引いてしまったらどこにも支点が作れなくなるし、力も一緒に横のほうへ逃げて行ってロスしてしまうと思うぞ?」

アメリカで体感した「支点」を作ることの重要性

 グラブを支点にするなどという発想はわたしにはこれっぽっちもなかった。監督は続けた。

「例えばボクシングのパンチを打つとき、殴らないほうの手は引かずに止めておくことで、パンチする側の手を出していくんだ。引いてしまっては、強いパンチはできない。テニスのサーブを打つときもラケットを持たないほうの手は引かずに体の前へ置いておいておくだろ?

 引いてしまったら弱いスライスサーブを打つときはいいかもしれないけど、強いサーブは打てない。それは野球のピッチングにおいてもきっと同じだぞ」

 混乱するわたしに対し、監督は「とりあえずオレの言う通り投げてみろよ。そのうえで日本の指導者に言われた投げ方の方がいいと感じるならそうすればいいじゃないか」と笑顔で言った。

 言われるがまま、監督の教えの通りに投げてみると「あ!」と思わず声が出てしまった。支点をつくるということの意味と大切さはその日のうちに体で理解できた。

「どうだ? このほうが腕も速く振れるし、コントロールもよくなると思わないか?」

「なにかをつかむようなイメージで投げられる感覚が、これほど安心感につながるとは思いませんでした」

 以来、悩んでいたコントロールがぐっとよくなり、スライダー回転するようなボールも出なくなった。腕の振りも鋭くなった感覚が宿り、球に伸びも加わった。

 その後、日本で高校野球生活を送りたかったわたしは高校入学と同時に単身帰国。すると再び「グラブを引け!」という声が指導者やOBから入ってくるようになった。教則本にも相変わらず「グラブは引くように使おう」と書かれている。わたしがアメリカで教わった理論を説明しても、周囲の反応は芳しくない。

「オレは引けと教わってきたし、それで結果を出してきた。間違っているとは思わない」

「おまえが言っているのは体の強い外国人だからできるんだろ」

「日本人は体の力が弱いから引いて加速させてカバーしないとダメなんだよ」

 そんな答えが返ってくることも多かった。わたしもいつしか「まあ、引く方が合う日本人も多いのかもな。プロ野球選手でも引けって言ってるくらいだし、どちらが正解ということもないのかも」と思うようになっていた。ときは1980年代中盤。日本のプロ球界で150キロ台を常時投げられる投手は皆無。高校生で140キロ以上のボールを投げられる投手などほとんど見当たらない時代だった。

セオリーの風向きが変わりはじめた2000年代

©️共同通信

 2003年のある日、なにげなくテレビをつけるとゲストの吉井理人氏(現・日本ハムコーチ)と故・伊良部秀輝氏(元ロッテほか)が投球フォームを論じている番組が放映されていた。 

 ともにメジャーを経験した日本球界復帰コンビが異口同音に語っていたのが、「アメリカはグラブの使い方の指導方法が日本と違っていた」「アメリカの指導の方が理にかなっていると思った」という点。その内容はわたしが中学生のときに教わった内容と限りなく同じだった。

「グラブを体の前に置いておくんです。支点ができるので、力を横へ逃がすことなく、まっすぐキャッチャーに向けて爆発させられるうえ、コントロールもよくなる」

「そういう目で観察してみたら、メジャーを代表するグレッグ・マダックス(ブレーブスほか)もランディ・ジョンソン(ヤンキースほか)もみんなそうだった」

「メジャーのいいピッチャーは、キャッチャー方向から見たときにリリースの瞬間にグラブが体の外側に逃げない。必ず上半身のフレーム内のどこかに収まっている」

 司会役のひとりで、興味深そうに聞いていた現・日本ハム監督の栗山英樹氏が「ぼくらは指導者にグラブ側の手は巻き込むようにして引けって教わりましたよね?」と向けると、吉井氏は「ぼくもそう教わったし、ずっとそれが正しいと思っていた」と返した。伊良部氏は支点を作ることの重要性を腕相撲に例え、説いた。

「アームレスリングをするときって、相手の手を握ってないほうの手で、テーブルの角のように固定されたなにかをもったほうがより力が入りますよね? あの感覚と言えばわかってもらいやすいかもしれない」

 わたしは、なんてわかりやすい例えなんだろうと思った。「やっぱりここに真実があったのか」という思いも強く湧き上がった。

第2の和田投手が全国に眠っている?

©️共同通信

 その番組が放映された数年後、ソフトバンクの和田毅投手に取材をする機会に恵まれた。1カ月半で13キロのスピードアップを呼んだグラブの使い方の改良点を和田投手は具体的に教えてくれた。

「グラブをはめた右手で壁をつくるように前へ置いておき、リリース時にグラブを支点にするように一気に体を引き寄せていくようにしたんです」

 数年前、現在侍ジャパンU-15の監督を務める鹿取義隆氏(元巨人ほか)と話をする機会があった際も、技術論がグラブの使い方の話に発展した。

「グラブは体の前に置いておくことが望ましい。グラブを引いてしまうとリリースする位置が定まらないし、投球腕の加速も鈍くなる。アメリカではあらかじめ体の前にグラブを置いておき、そこに身体をぶつけていくような指導法が浸透している」

 アマチュア球界を取材していても「グラブは引けとよく言われるけど、引いちゃだめですよね」と口にする指導者に出会う確率が年々増えてきた。

 近年はプロの投手が150キロを出した程度では誰も驚かない時代になった。高校生でも150キロ級のボールを投げられる投手が珍しくなくなった。たしかにトレーニング面における進化の影響はあるだろう。しかしわたしは、グラブの使い方の指導に対する考え方が変化してきた背景もけっして無視できない要素ではないかと思っている。

 先日、あるパ・リーグのチームの主力投手とフォーム論になり、「自分の場合はグラブは『引く』ではなく『止める』というイメージでやっている」というグラブの使い方論に発展していった。

「なぜかわかりませんが日本ではむかしからグラブを引けと一般的に言われるけど、自分は『それは違うんじゃないの?』と子どもの頃からずっと思っていました。でもいまでも引けという指導者は普通にいますし、グラブは引くものだと思ってる投手も普通にいるんですよね」

 ソフトバンク・和田投手のような大変貌を遂げる可能性を秘めた投手は、まだまだ球界に潜んでいるのかもしれない。

(著者プロフィール)
服部健太郎
1967年、兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、商社勤務を経て、フリーの野球ライターに転身。関西を拠点に学童野球からプロ野球まで取材対象は幅広い。通算7年の米国在住経験を生かし、外国人選手、監督のインタビューも多数。

ソフトバンク内川は“内部告発”したのか?「コンビニ弁当」問題に見る2つの違和感

クライマックスシリーズでの4試合連続本塁打も記憶に新しい内川聖一選手(ソフトバンク)の契約更改での発言が話題になっています。この発言は、ファーム寮の食堂で選手が「コンビニ弁当」を食べている姿を目にしたことによる問題提起として取り上げられています。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

稀代の剛球を繰り出す本物の逸材・田中正義(ソフトバンク)

2016年ドラフト会議で5球団が重複1位指名した大物・田中正義。創価高時代は主に外野手で、創価大で投手に転向してドラフトの目玉になるまで登りつめた。田中をここまで駆り立てたものはなんだったのか。大学時代に田中が残した言葉から紐解いてみよう。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

4年で3度優勝のソフトバンクホークス、常勝球団を支える経営サイクル

ソフトバンクホークスは16日、メットライフドームで行われた西武ライオンズ戦に7-3で勝利し、2年ぶり20回目のリーグ優勝に輝いた。直近4年で3度の優勝を飾っているソフトバンクは、なぜこれだけ安定して結果を出せているのか。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

総年俸1位は“金満”ソフトバンク。では最もコスパがいい球団は?

プロ野球の契約更改が行われる季節になりました。今年も各球団と選手の交渉をめぐる悲喜こもごもの物語が繰り広げられていますが、日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスは摂津正投手、松田宣浩内野手が現状維持の4億円、五十嵐亮太投手が1000万円増の3億6000万円、最多勝の東浜巨投手が5400万円増の9000万円と景気の良い数字が並びます。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ホークスの育成術をひも解く。3軍制度にみる「育てて勝つ」戦略

直近の10シーズンで5度のリーグ優勝、3度の日本一を果たし、今季は2年ぶりの日本一を目指すソフトバンクホークスは、生え抜きの選手が活躍する球団としても知られています。いち早く3軍制度を導入し、成果を挙げているホークスの戦略的育成術に迫ります。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

筒香が声を挙げた球界の危機とは? 前ベイスターズ社長が見た過度な勝利至上主義と喫煙問題

横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手が、子どもたちを対象にした野球体験会に参加しました。このとき、イベント終了後に報道陣に語った「日本プロ野球界への問題提起」が話題を呼んでいます。現役選手の異例の発言は球界に変化をもたらすのでしょうか?

VICTORY ALL SPORTS NEWS
BBCrix編集部

著者プロフィール BBCrix編集部