文=菊地高弘

“本物”を見極める力を持った男

©共同通信

 田中正義に聞いてみたことがある。「もし、高校最後の夏に打っていたら野手を続けていたのではないか?」と。すると田中は少し考えてから、「可能性はなくはないですね」と言って、こう続けた。

「打撃の快感を感じていたら、自分の打撃の感覚が180度変わるようなきっかけがあれば、あったかもしれません」

 すでによく知られた話だが、田中は創価高時代に主に外野手としてプレーしていた。入学当初は投手で1年夏には背番号1をつけたが、以降は右肩痛に悩まされて外野手に転向。そして高校最後の夏、創価高は西東京大会ベスト4まで進出するも、4番に座っていた田中のバットは不発のまま終わった。

「夏の前くらいから、野手としての限界を感じていました。たとえホームランをいっぱい打っても、達成感が得られない。それで大学ではピッチャーを希望しました」

 その4年後、田中は2016年ドラフトの目玉となり、5球団からの重複1位指名を受けてソフトバンクへの入団を果たしたのだった。

 高校最後の夏、田中は野手として野球雑誌に取り上げられるなど、まずまずの評価を得ていた。もし、田中が夏の大会で爆発していたら投手再転向プランは棚上げされ、ドラフトの目玉である「田中正義」という投手は存在していなかったかもしれない。

 田中は当時の自分をこう振り返る。

「理想がもはや見えないところにあって、それがあまりに遠すぎて……。最初は大学でゲームに出ることが目標でしたから」

 おそらく、田中は右肩を痛めた高校時代の経験から、人生観が変わったのではないか。訪ねる病院、訪ねる病院で医師の言うことが違う。はっきりした診断も下らず、原因もわからない。

「『なんで治らないんだろう?』と思うばかりで、肩について自分で勉強することもなく、向き合うことから逃げていたような気がします。ずっと違和感があって、変な感じが続いていました。その痛みと向き合うのは、しんどかったんですよね」

 こうした体験を経て、田中は「自分にとって大事な人やモノを見極める力がついた」と感じている。現在、田中は複数の理学療法士に体のメンテナンスを依頼しているが、それは日によって自分が求める内容に応じて、人を替えているという。また、食事や栄養摂取も、自分にとって本当に必要かどうかを見極めた上で選んでいる。

 そして、投手としてはほぼ無名だった田中正義は、創価大進学後に恐るべき変貌を遂げることになる。そのヴェールを脱いだのは、大学2年時の大学選手権だった。

1球見ただけで凄味が伝わるストレート

©共同通信

 東都大学リーグの名門・亜細亜大の生田勉監督は試合後、沈黙した打線についてはっきりとこう述べた。

「ウチには田中くんを打つだけの力がありませんでした。力負けです」

 田中は大学選手権で150キロ台のスピードを連発し、センセーショナルな活躍を見せていた。亜細亜大戦でも5回途中からの登板で4回1/3を投げて8奪三振。百戦錬磨の亜細亜大打線が、田中のボールに振り遅れていた。大学選手権はベスト4で敗れたが、大会を終えたその時点で、田中は2016年ドラフトの最前線に立ったといっても過言ではなかった。

 田中のストレートは1球見ただけで「凄味」が伝わってくる。硬球ではなく、固い石を投げつけているかのような硬質なボール。捕手に向かってぐんぐん加速していくようなスピード感。それらが相まって、田中のボールにはスピードガン表示だけでは計れない球威と迫力が宿っていた。

 大学3年時は春夏ともリーグ戦で6勝0敗。秋に至っては防御率0.00。つまり点を奪うことすら困難な存在になっていた。ドラフトイヤーを迎える段階では、同年のドラフト候補の人材難もあって「田中が12球団のドラフト1位指名を受ける可能性もある」と報じたメディアもあった。

 しかし、田中は口癖のように、いつもこう言っていた。「自分は大したピッチャーじゃない」と。

 田中は自分の抱える課題が多いこと、そしてそれを改善しなければプロで活躍できないことを肌で感じていた。最大の課題は「ストレートと変化球で腕の振りを一緒にすること」。3年秋の横浜市長杯で田中を見た際、やたらとカーブを多投した試合があった。3年まではストレート中心でも抑えられたが、変化球もしっかり扱って緩急を使わないと……。そんな意図がうかがえた。だが、田中のカーブはストレートに比べて腕の振りが明らかに緩んでおり、さほど有効なボールではなかった。

 そして、ランナーを出してからの投球にも課題が多かった。バント処理などフィールディングが拙く、牽制球やクイックモーションも苦手だった。最後はその難点が他チームにも知れ渡っており、リーグ戦で対戦する強豪・流通経済大などは田中の登板時に盗塁をどんどん決めてくるようになった。それでも、「ホームに還さなければいいと思っていた」という田中だが、もちろんその理屈がプロでは通用しないことはわかっている。

「上達する雰囲気、イメージはできているんです」

 田中はそう言ってうなずいた。決して強がりには聞こえなかった。

 ソフトバンク入団後、春季キャンプの時点から田中の「弱点」は連日メディアによって報じられていた。だが、田中が周囲の喧騒に惑わされることはないだろう。念のため、田中に聞いてみたことがある。「いろんな人が、良かれと思っていろんなアドバイスをしてくると思いますが、大丈夫ですか?」と。すると、田中はこう答えた。

「頑固なんで、自分。大丈夫です」

 新人にしてアイデンティティーを確立している逸材、田中正義は今後もぶれることなく、己の道を邁進していくに違いない。

和田毅の球速を13キロアップさせた、フォーム改良。「非投球腕」の使い方について

2016年のパ・リーグ最多勝投手である、ソフトバンク・和田毅投手の高校時代の最速スピードは129キロだった。ところが早稲田大1年の夏、フォーム改良によってわずか1カ月半の間に球速が13キロもアップ。最速142キロのボールが投げられるようになった。18年前に起こった驚異の飛躍について和田投手は、「スピードアップに一番貢献してくれたフォーム改良点はグラブをはめた右手の使い方。きっとそれまでは142キロ出るはずのパワーをどこかに逃がしていた」と振り返る。まさに、野球人生をも一変させてしまう可能性を秘めたメカニズム。今回は「非投球腕の使い方」について考察してみたい。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ソフトバンク内川は“内部告発”したのか?「コンビニ弁当」問題に見る2つの違和感

クライマックスシリーズでの4試合連続本塁打も記憶に新しい内川聖一選手(ソフトバンク)の契約更改での発言が話題になっています。この発言は、ファーム寮の食堂で選手が「コンビニ弁当」を食べている姿を目にしたことによる問題提起として取り上げられています。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

4年で3度優勝のソフトバンクホークス、常勝球団を支える経営サイクル

ソフトバンクホークスは16日、メットライフドームで行われた西武ライオンズ戦に7-3で勝利し、2年ぶり20回目のリーグ優勝に輝いた。直近4年で3度の優勝を飾っているソフトバンクは、なぜこれだけ安定して結果を出せているのか。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

総年俸1位は“金満”ソフトバンク。では最もコスパがいい球団は?

プロ野球の契約更改が行われる季節になりました。今年も各球団と選手の交渉をめぐる悲喜こもごもの物語が繰り広げられていますが、日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスは摂津正投手、松田宣浩内野手が現状維持の4億円、五十嵐亮太投手が1000万円増の3億6000万円、最多勝の東浜巨投手が5400万円増の9000万円と景気の良い数字が並びます。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ホークスの育成術をひも解く。3軍制度にみる「育てて勝つ」戦略

直近の10シーズンで5度のリーグ優勝、3度の日本一を果たし、今季は2年ぶりの日本一を目指すソフトバンクホークスは、生え抜きの選手が活躍する球団としても知られています。いち早く3軍制度を導入し、成果を挙げているホークスの戦略的育成術に迫ります。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

筒香が声を挙げた球界の危機とは? 前ベイスターズ社長が見た過度な勝利至上主義と喫煙問題

横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手が、子どもたちを対象にした野球体験会に参加しました。このとき、イベント終了後に報道陣に語った「日本プロ野球界への問題提起」が話題を呼んでいます。現役選手の異例の発言は球界に変化をもたらすのでしょうか?

VICTORY ALL SPORTS NEWS
BBCrix編集部

著者プロフィール BBCrix編集部