あの「ザ・キャプテン」がマーリンズを買収、CEOに!

近年、MLBの球団はビッグマネーを生み出す投資対象とされ、その金額も右肩上がり。ダルビッシュ有投手が移籍したばかりのロサンゼルス・ドジャースも、2012年にNBAのスター選手だったマジック・ジョンソン氏らの投資グループによって21億5000万ドル(当時のレートで約1725億円)で買収されています。

報道によると、今回のマーリンズ買収にあたってジーター氏らが支払う額は12億ドル(約1320億円)。個人で支払える額ではないため、複数の有力投資家がグループを組んで買収するケースが増えています。

2002年、前オーナーのジェフリー・ローリア氏のマーリンズ買収額は1億5800万ドル(当時のレートで約200億円)ですから、近年のMLB球団の資産価値の上昇ぶりがいかにすごいかよくわかります。

マーリンズ買収に関わったグループには、ジーター氏とナイキ契約選手つながりという縁もあるNBAで活躍したバスケットボールの神様、マイケル・ジョーダン氏も名を連ねています。

マーリンズの実質的オーナーになると見られるのは、実業家のブルース・シャーマン氏で、ジーター氏は最高経営責任者(CEO)と編成部門のトップを務めることになりそうです。

ヤンキースの、そしてMLBのレジェンドが球団のCEOを務めることについて、横浜DeNAベイスターズ前社長である池田純氏は、期待を込めてこう話します。

「夢がありますよね。今回のジーターさんの場合はGMではなくCEOということなので、チームをつくるだけではなくて、お客さまに楽しみを提供することができる立場なんです。彼が何をやってくれるのか、今からワクワクします」

2つ目の夢の舞台はかつての盟友・イチローとともに

(C)Getty Images

日本ではプロ野球の球団の多くが「企業の持ちもの」となっていますが、MLBではオーナーが所有することが当たり前になっています。その中でも、ヤンキースという名門で20年間プレーしたスター選手であるジーター氏が経営権を持ったことは、アメリカでも相当なインパクトを持って報じられています。

「元スター選手のCEO就任というだけではなく、正確な金額はわかりませんが、ジーターさんは自分でも27億円?ぐらい出資しているといわれています。メジャーリーグを、ベースボールの魅力を知り尽くしている彼がどんなことを仕掛けてくるのか、本当に楽しみです」

池田氏の指摘通り、ジーター氏は引退直後からセカンドキャリアとして球団経営への興味を示していました。2014年に引退した際には、ニューヨーク・ポスト紙に「監督やコーチには向かないだろう」と語っています。さらに続けて飛び出したのは、球団経営への野心でした。

「次の目標というものではないが、野球に関することに興味を持ち続けていたい。あくまでも希望だけど、メジャー球団のオーナーになりたいね」(ジーター氏)

オーナーではありませんが、早くも引退時の夢を掴もうとしているジーター氏。その夢の舞台は、かつての盟友・イチロー選手がプレーするマーリンズということになりました。

マーリンズを人気球団にできるか? メジャーを知り尽くした男の挑戦に期待

(C)Getty Images

「マーリンズの本拠地、マーリンズ・パークは、ものすごく良い球場なんですよ。前オーナーのローリアさんがアートを好きな人で、アーティスティックな噴水や、選手たちのボブルヘッド(首振り人形)を展示するスペースもあります。球場自体も開閉式で美しく、足を運びたくなるスタジアムなんです」

池田氏は、2012年に新設されたマーリンズ・パークの魅力について語ったあと、「でも…」と、こう話を続けます。

「でも、満席にはならないんですよ。いつも空席が目立つんです」

池田氏の指摘通り、1993年にフロリダ・マーリンズとして誕生した新興球団マーリンズは、1997年と2003年にワールドシリーズ制覇を果たしているものの、結果が出た直後に主力選手を軒並み放出する“ファイヤーセール”のチームとして有名で、地元の人気を得るのに苦戦しています。

アメリカンフットボール用のスタジアムを改修して使っていた郊外にある旧本拠地サンライフ・スタジアムにかえて、2012年、マイアミ・オレンジボウル(アトランタ五輪・サッカー日本代表「マイアミの奇跡」の舞台)跡地という好立地にマーリンズ・パークを建設。これを機にマイアミ・マーリンズと改称して新たな一歩を踏み出しましたが、ここまでのところ、マイアミの人たちの心を掴んだとはいえない状況が続いています。

「そこで、ジーターさんが何をやってくれるかなんですよ。マイケル・ジョーダンさんも共同出資者に名前を連ねていますが、今回に限ってはジョーダンさんではなく、元べースボールプレーヤー、ヤンキースのレジェンドのジーターさんだからこそできることに期待したいんです」

ニューヨーク・ヤンキースというMLBの中でも突出した人気球団の象徴として20年間現役を続けたジーター氏が、どのような視点で球団経営を行うのか? マーリンズにはイチローだけでなく、こちらもヤンキース一筋でプレーした先輩、ドン・マッティングリーが監督としてチームを率いているというアドバンテージもあります。

プロ経営者が球団の資産価値を高めるために手腕を発揮するのが当たり前のMLBにあって、プレーヤーの気持ち、ファンの気持ち、そして何よりベースボールを知り尽くしたジーター氏が何をやってくれるのか? もしかしたら、MLB球団経営の新しい在り方を示すきっかけになるかもしれません。


取材協力:文化放送
****************************
文化放送「The News Masters TOKYO」(月~金 AM7:00~9:00)
毎週火曜日レギュラー出演:池田純
****************************

「The News Masters TOKYO」

里崎智也×池田純 球団社長に、オレはなる! #1

2014年に現役を引退し、現在は野球解説者などとして活躍する里崎智也氏は、球団社長をやってみたいという。そのうわさを聞きつけた前横浜DeNAベイスターズ社長の池田純氏との対談が実現。現在の問題点を暴き出し、より良いプロ野球界にするために提言する。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ダルビッシュ有のプロ野球改革論「いつか、日本球界に戻りたいなって思っています」

日本球界が生んだ最高の投手、ダルビッシュ有。メジャーリーガーとして圧巻のパフォーマンスを披露する傍ら、SNSを活用してしばしば球界に対する問題提起も行ってきた。今回、トークゲストに前DeNA球団社長の池田純氏を迎え、数少ない“主張するアスリート”への独占インタビューが実現。彼があえてメディアを通じて発したかったオピニオンとはーー。日本球界への熱い思いが伝わるプロ野球改革論、必見のインタビューだ。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

なぜ、日本では雑用係を「マネージャー」と呼ぶのか?

ベストセラー「もしドラ」が流行ってから随分経ち、「マネジメント」という概念も以前に比べると浸透するようになりました。しかしながら、スポーツ界とりわけ学生スポーツにおけるマネージャーの役割は、「マネジメント」のそれとはかけ離れているように思います。どうしてこの乖離は生まれたのでしょうか? 帝京大学経済学部准教授であり、VICTORYプロクリックス大山高氏(スポーツ科学博士)に解説を依頼しました。(文:大山高)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

横浜高は弱くなったのか? 神奈川野球を知るライターはこう見る

第99回全国高校野球選手権大会の4日目、1回戦屈指の好カードと言われた横浜高校(神奈川)と秀岳館高校(熊本)の試合は、6対4で秀岳館の勝利に終わった。敗れた横浜は、2回戦で敗退した昨年同様、甲子園の大舞台で思うような結果を残すことはできなかった。激戦区神奈川を勝ち抜いても、常に「甲子園での結果」を求められる横浜高校のジレンマ。横浜は弱くなったのか? 平田徹監督就任3年目の変化とこれからを、神奈川の高校野球を長く取材し、『高校野球 神奈川を戦う監督たち』などの著作のあるスポーツライター・大利実氏に寄稿いただいた。(文=大利実)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

清宮幸太郎は、高卒即プロ入りすべきか? 池田純コラム

5年間務めた横浜DeNAベイスターズ球団社長の職を辞し、「定職」から離れた立場で様々なスポーツに関わっている池田純氏。ベイスターズの社長職にある頃から、池田氏の胸にあったのはスポーツの将来に対する危機感でした。「常識の越え方」第五回のテーマは、今季のドラフト最大の注目株である清宮幸太郎選手の進路についてです。

VICTORY ALL SPORTS NEWS
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部