【第二回】ダルビッシュ有のプロ野球改革論「日本から2チームくらいMLBに入れて戦ったら面白い」

日本球界が生んだ最高の投手、ダルビッシュ有。メジャーリーガーとして圧巻のパフォーマンスを披露する傍ら、SNSを活用してしばしば球界に対する問題提起も行ってきた。今回、トークゲストに前DeNA球団社長の池田純氏を迎え、数少ない“主張するアスリート”への独占インタビューが実現。3月に開催されたWBCについて、MLBでの位置づけや改善のための持論を語ってくれた。彼があえてメディアを通じて発したかったオピニオンとはーー。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

【第三回】ダルビッシュ有のプロ野球改革論「メジャーの中でもトップのピッチャーになりたい」

日本球界の至宝にして“主張するアスリート”であるダルビッシュ有の独占インタビューもいよいよ後半戦。今回のテーマは“質”。プロ野球の評価の質やTwitterでのファンの質についての思いを語った。さらには、日本球界のためにイチローのすごさを伝えたいという思いもこぼれる。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

【第四回】ダルビッシュ有のプロ野球改革論 「引退したら大学で経営を学びたい」

日本球界の至宝にして“主張するアスリート”であるダルビッシュ有の独占インタビュー。最終回は、ダルビッシュが引退後のセカンドキャリアを考える。すべては「プロ野球改革」のためにーー。GM就任への意欲も見せた彼のビジョンとは。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

インタビュー=岩本義弘、トークゲスト=池田純、写真=早瀬将大

野球界だけじゃなくて、スポーツ界全体を変えていきたい

©早瀬将大

岩本 メジャーに来て6シーズン目になりますけど、日本球界と比べてどんな大きな違いがあると思いますか? グラウンドの外ではどうでしょう。

ダルビッシュ 昔と比べたらだいぶん少なくなっていると思いますけど、日本人のプロ野球選手ってやっぱり夜の遊びが好きな人は、今でも結構いるじゃないですか。一定数は絶対にいますよね。

岩本 選手自身が望む場合もそうですし、周りもやっぱり「プロ野球選手はそういうものだ」みたいな固定観念がありますよね。

池田 西麻布あたりでよく見かけるらしいですよね。

ダルビッシュ 本当にそれは多いんですよ。ただ、こっちってキャバクラとかのような形態のお店がないんです。行くとしたら友だちとかと集まってバーに行って、1杯、2杯飲んでスポーツニュース見て帰っていくんですよ。早い時間に帰っていくんです。

岩本 夜が早いっていうことですね。

ダルビッシュ 早いです。日本人の野球選手って結構朝まで行けちゃうんですよね。その酒が結構な量で、多いんですよ。それって体の中で見ると、睡眠の質もめちゃくちゃ落ちるし回復もめちゃくちゃ落ちてしまう。あと、食事が毎食違ってきます。日本人選手はあまり食事に関して意識が高くない。例えば、昼はそばだけとか、うどんだけとか、おにぎりだけってことがありますけど、こっちだとそれは絶対にありません。ちゃんとタンパク質も取る。鶏の胸肉とか大豆とかポテトとか、ちゃんと栄養として成り立っているものが毎食出てきます。それにプラスして、トレーニングをするので体が全然違ってくるんだと思います。

岩本 ちょうど数日前にアメリカの大学でアメフトをやっている選手に聞いたら、全部管理されていると言っていました。徹底的に管理されていて、逆にそれ以外のものはほとんど食べることがないくらいだ、と。そのようにちゃんとした体を作ることが、アメリカは文化として根付いていますよね。

ダルビッシュ そうです。ですが本人たちが、この鶏の胸肉には何が含まれていて何が体にいいのかということを理解してないんですよ。ただ、これを食べればいいというだけなんです。サプリメントもいっぱい用意されていて、マイナーの何も考えてないような18歳とかの子たちがそれを飲んでいる。でも、それはやっぱりわかっていなくて、単にこのタイミングで飲みなさいって言われているからなんですね。それを毎日やっているとだんだんと覚えていくというだけの話。日本は管理栄養士の人が作ることもありますが、正直なところ管理栄養士の人たちは、サプリメントとか食事の指導について全然わかってないことが多い。だから、文化というか、日々の生活の中での教育というところが全然違うなと思います。

目標はNPBがMLBの上を行くこと

©早瀬将大

岩本 ダルビッシュさんは自主トレを25人くらいのトップの日本人選手とやっていて、そこで収録したいろいろな自分の情報をSNS上でオープンにしていますよね。それってすごいことだなと思ったんです。なかなか、これまでのプロ野球界にはない情報発信でしたけど、あれをやっている意図はどういうところにあるんですか?

ダルビッシュ 最近YouTubeも始めたんですよね(笑)。本来はテレビとかを通してやったほうが見る人も増えるだろうし、自分にもすごい収入があるんですよ。でも、僕の今までの経験からすると、それをテレビやると自分が伝えたいことを伝えてくれるんじゃなくて、テレビ局の人たちが伝えたいことに変えられちゃうんですね。絶対にそうなるじゃないですか。視聴率とかもありますからね。自分は最終的に日本のスポーツ界のトレーニングとか、栄養とか、サプリメントに対する偏見とかをなくして、野球界だけじゃなくて、スポーツ界全体を変えていきたいと思っているんですよ。そこの目標に行くために自分が考えていることが今あるのに、それを違う形で伝えられてしまうと、遠回りにしかならないって僕は思っています。だから、YouTubeとかだと自分で勝手に編集して、インスタグラムとかでもそうですし、自分の伝えたいことをそのまま伝えられる。だからいいなと思って、やっています。いろんな選手に来てもらっているのも、その人たちが成長してほしいというのもありますし、そういう選手たちがやっていることで、例えば「坂本選手がこんなことをやっているから、オレもやってみようかな」とか、今までトレーニングに対して恐怖感があった人たちにも、そういう第一歩になり得るなと思ったからです。休みの日も選手が来るから僕はほとんど休みがなくて、結局自分も行かなければならないので……。だからそれで年末には体調を壊すんです(笑)。

岩本 プロ選手って素晴らしいポジションだから、その人が発信してやることって、すごく影響が大きいと思うんですね。でも正直なところ、これまでのスポーツ界ってあんまりやれてない。実際そういうのを見たり聞いたりしてどう思いましたか?

池田 最終的には何を目指しているんですか?

ダルビッシュ 最後は……僕が生きている間は無理ですけど、NPBがMLBの上を行くことです。運営とかは無理だと思いますし、難しいと思います。でも、力であったりとか技術であったりとか、NPB自体のレベルが上というよりも、NPBの選手たちがMLBから見てもっと需要がある選手たちになってほしい。

池田 そうなるとトレーニングもそうですし、球団も組織も、あらゆる要素全部が変わらないと難しいでしょうね。

ダルビッシュ そう、日本の野球界はおかしいですよね。こっちは全然そうじゃない。

岩本 球団もそうですし、メディアもそうですし、既得権益なんですよね。

ダルビッシュ そうですね。そういうのを全部ぶち壊したいなって思いますね。

池田 NPBの球団を1つ買うぐらいのことはどうですか?

ダルビッシュ 例えば全部を買えるなら、例えば自分が監督とか、めっちゃ勉強してGMとかになって、1つの球団を完全にコントロールできる状態で成功する姿を見せないと、日本球界の全部が本質的に変わっていかないのかなとは思います。

池田 私はシンシナティ・レッズとかにも、野球の組織の勉強に行ったこともあります。統計学の専門家連中が野球をデータの観点から分析して、ビジュアライズして、それをチームにどう伝えるかまで徹底して、見ています。野球上がりの人が全くいない。それがいいかどうかは別なんですけど、選手からすると変に惑わされるような指導もないように徹底されている。自分で納得できるデータとかを映像とかを見ながら、ちゃんと考える選手になっていっています。レッズは統計的な組織や人数が他球団の少し先をいっている印象がありました。すごいですよね。

ダルビッシュ 本当にそう。統計を取っている人たちはうちにもいますけど、僕たちが求めているのってデータを出してくれるか出してくれないかっていうこと。変に野球に絡んでいると自分たちが野球をやっていたように、そのデータを少し変えられる恐れがあります。今はただ単純にデータを出してくれるので、そこは違いますよね。

岩本 アメリカの良さを学んだ上で、いつか日本球界に戻るという可能性はあるんですか?

ダルビッシュ 戻りたいなって思っています。今でも、毎年アメリカでプレーするよりは、日本でプレーしたいっていう気持ちが実際にあって、やっぱり日本の野球を一番の目標としてずっとやってきましたから。僕は一度もメジャーに行きたいって言ったこともなくて、むしろメジャーに行きたくないってずっと言っていました。いろいろな事情があって、来なきゃいけないような状態になったんですけどね。でも、今の自分の日本での通算防御率が1.99なんですよ。こんなこと言うのはあれなんですけど、帰って最初の年で2.20とかになったら、通算の防御率が2.なんぼになるじゃないですか。それがなんか嫌だなって、それだったらこっちでやめちゃったほうが良いのかなとか思っちゃったりします(笑)。やっぱり通算で1点台だとやっぱり見栄えがいいですよね。

池田 そう思うと、戻ってくるタイミングって難しいですよね。

ダルビッシュ そうなんですよね。

第2回:「日本から2チームくらいMLBに入れて戦ったら面白い」第3回:「メジャーの中でもトップのピッチャーになりたい」第4回:「引退したら大学で経営を学びたい」

[プロフィール]
ダルビッシュ有
メジャーリーガー/テキサス・レンジャーズ投手
1986年8月16日、大阪府生まれ。右の本格派投手として早くから注目を集め、東北高校時代は春夏4度の甲子園出場。2年の夏には準優勝を経験している。2005年の北海道日本ハムファイターズ入団後は2年目から6季連続二桁勝利を挙げ、最優秀防御率とMVPに各2度、沢村賞に1度輝くなど球界を代表する投手となった。2012年にMLBテキサス・レンジャーズに移籍。いきなり16勝を挙げると3季連続二桁勝利をマーク。2015年は右肘の手術とリハビリに費やしたが、翌年見事に復帰して7勝を挙げると、今季は開幕からフル稼働。6月19日時点ですでに6勝を記録している。体調管理やトレーニング方法の追究、またストイックな取り組みでも知られ、SNSを駆使してその模様をファンに届け、交流している新時代のアスリート。196cmの長身から繰り出される最速150キロを超える直球と多彩な変化球は超一級品だ。

Darvish Yu Official WebsiteYouTube ChannelTwitterInstagramBlogFacebook Page第2回はこちら ダルビッシュ有のプロ野球改革論「日本から2チームくらいMLBに入れて戦ったら面白い」
岩本義弘

著者プロフィール 岩本義弘

サッカーキング統括編集長/(株)TSUBASA代表取締役/編集者/インタビュアー/スポーツコンサルタント&ジャーナリスト/サッカー解説者/(株)フロムワンにて『サッカーキング』『ワールドサッカーキング』など、各媒体の編集長を歴任。 国内外のサッカー選手への豊富なインタビュー経験を持つ。