©FIVB
VICTORY

エース不在の全日本女子、グラチャンで輝くのは新鍋理沙か、石井優希か

5日にバレーボールの世界大会である「グラチャン」が開幕する。中田久美監督の就任後、快進撃を見せている全日本女子だが、今大会は新エースの古賀紗理那が負傷のため不在となる。エース不在の中、東京五輪出場に向けて今大会でアピールをしておきたい中田監督の愛弟子2人にクローズアップする。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 59
    中野崇

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 2017/09/05 15:13

    新たな戦力の台頭はとても楽しみです。
    一方で、次世代エースと若手のキーマンがどちらも怪我で重要な大会に合わせられていないのはちょっともったいない。
    怪我は仕方ないものではなく、怪我しないことは「能力」という位置付けをしていく必要があると考える。
    蛇足ですが、冒頭の集合写真の選手たち、もっと立ち方を改善した方がいいかもしれません。。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter