©Getty Images

2002年大会以来の好成績目論む

FIFAランキングではポーランドの7位、コロンビアの13位には劣るものの23位につけているセネガル。アフリカ勢では最も高い位置にいる。ちなみに、日本は55位だ。確かにFIFAランキングは単純に「強さ」を測る指標ではない。しかしながら、日本が間違っても「格下」扱いできる相手ではないことはすぐ理解できるはずだ。
 
2002年日韓W杯、ブルーノ・メツ率いるセネガル代表は世界を驚かせた。当時の世界王者フランスに開幕戦で1-0の勝利、続くデンマーク戦に1-1、ウルグアイ戦は3-3という堂々たる成績でGLを突破。W杯初出場にして、ベスト8に進出したのだ。エルハッジ・ディウフ、パペ・ブバ・ディオップら有力選手を擁し、大会後は21名の選手がヨーロッパでプレーするなど世界に与えた衝撃は大きかった。
 
あれから16年。4大会ぶりにW杯予選を突破したチームを率いるのは、2002年当時のキャプテンであるアリュー・シセ。ディウフと同じ衝撃を与えうる10番サディオ・マネ(リバプール)を筆頭に、多くの選手が若くしてヨーロッパでサッカーを学んでいる。この事実も、2002年のチームと共通している。名実ともに、2002年W杯の再現を予感させるチームである。
 
アフリカンの荒削りなイメージは、捨てるべきだ。思慮深いキャプテン・シェイフ・クヤテ(ウェストハム)は、「シセ監督がすべてを変えた。マネや私が中心なのではない、最も尊重されるべきはチーム。そういうメンタリティを植え付けたのだ」と語っている。クヤテにMFイドリッサ・ゲイェ(エバートン)、DFカリドゥ・クリバリ(ナポリ)らを中心とした組織的なディフェンスと、マネを中心としたスピーディなアタックを持つ、ヨーロッパナイズされた好チームである。

©Getty Images

サッリ・ナポリの錠前・クリバリ

マウリツィオ・サッリが就任した15-16シーズン以降、4-3-3を基本フォーメーションとし、トータル・ゾーンと5レーン理論を活用したポジショナルプレーで驚きの結果を残してきたナポリ。セリエA15-16シーズンは2位、16-17シーズンは3位、今季は15節終了時点でも2位につけている。その強さは、もはや疑いようがない。
 
そのサッリ・ナポリで、DFラインに錠前をかけるのがカリドゥ・クリバリ(26歳)だ。187センチながら非常にスピードがあり、ウラへのカバーリングは抜群。多少抜け出されても、斜め後方からボールだけをさらうスライディングタックルの技術も持つ。さらに、ボールを奪った後も落ち着いて最初のパスをつけられる。身長を活かしてセットプレーでは攻撃時に得点源になり、守備時には頼れる壁になる。ストライドの長さを活かし、相手FWが収めたボールを背後からつついて奪取するプレーも得意だ。

ナポリはここ2シーズンで32失点、39失点。試合数とほぼ同じ、1試合平均ほぼ1失点以下という恐るべき堅牢さを誇る。そのかなりの部分で、クリバリの貢献があるのは疑いない。多くのビッグクラブから巨額のオファーを受けながら、ナポリが頑として手放さないのも頷ける。
 
ポジション的には左CBとなり、マッチアップするのは現行メンバーでは浅野拓磨となる可能性がある。ともにスピードを武器にするが、クリバリはセリエAのアタッカーたちを沈黙させてきた。日本のアタッカーにとっては悪夢となる存在だ。

©Getty Images

変幻自在のアタッカー、サディオ・マネ

攻撃の中心は、10番をつけるアタッカー・マネ(25歳、リバプール)。セネガル出身だが、キャリアを開始したのはアカデミー・ジェネラシオン・フット(セネガルのフットボールアカデミー)。プロデビューは、現在川島が所属するFCメス(フランス)。アフリカンな荒削りさは、良い意味で持っていない。戦術的に洗練されながらも爆発力を持つ、非常に厄介なFWだ。
 
メスでは目立った活躍はなかったものの、2012年8月31日に今をときめくラルフ・ラングニック(現RBライプツィヒ)に見出されレッドブルに移籍。その後、サウサンプトンを経て2016年からリバプールでプレーしている。
 
リバプールでは右サイドのFWを担当する。身体能力はもちろん基本技術も高く、周囲を使うことも独力で仕掛けることもできる。利き足は右だが、右サイドから中央に流れて左足でのフィニッシュを用いることも。サイドで幅を取りつつハーフスペース攻略を常に伺い、スピードを活かして一気にウラを取り、ゴールを陥れる。常に複数の選択肢を持ち、頭脳をフル回転させ最適な選択を取り続ける。DFとしては的を絞りにくい、非常に厄介な選手だ。
 
なお、マネは吉田麻也とサウサンプトンで2シーズンを共に過ごしており、お互いクセを知り尽くしている。吉田が情報を得られる反面、マネもまた吉田のクセを知っている。そういう意味で、幸いと評価すべきか微妙なところ。

日本はどう攻略すべきか?

再度書くが、「いわゆるアフリカン」のイメージは捨てたほうがいい。
 
例えばキャプテンを務めるMFクヤテはベルギーとの二重国籍を持ち、17歳のときにRWDMブリュッセルでプロのキャリアをスタートしている。DFディアロ・MFディオップはレンヌ、DFムベンゲはトゥールーズ、MFディアメはランスBと、若い頃にフランスでキャリアをスタートさせた選手が多い。
 
これは、2002年W杯のチームとの大きな共通点でもある。アフリカでずっと育った選手よりも、ヨーロッパでサッカーを学んだ選手のほうが多い。ブラックアフリカンのパワーを持ち、ヨーロッパで戦術を叩き込まれたハイブリッドな強さは、2002年W杯の再来を予感させる。
 
W杯予選3次リーグでは南アフリカ、ブルキナファソ、カーボベルデと同居し、4勝2分の無敗で出場権を獲得した。それほど爆発力があるわけではないが、主審の不正により再試合になった試合を含め南アフリカにはホーム・アウェーとも勝利。ブルキナファソには2分けしたものの、カーボベルデにもやはり2勝。3次リーグ6試合で喫した失点は、わずか3である。
 
日本は、「間合いはアフリカン」「チームはヨーロッパ」という2面性を持つチームをどう攻略すべきか。第二戦であり、セネガルに比べれば日本のほうがW杯における場数は踏んでいる。ペース配分や移動、1ヶ月に渡る時間の過ごし方など、日本がアドバンテージを握れる部分もあるはずだ。日本は初戦でコロンビアと、セネガルはポーランドと対戦。その結果を踏まえて戦い方も変わってくるだろう。ハリルホジッチ監督の差配に注目したい。

<了>

コロンビア、世界的なタレントを擁する攻撃陣に油断を排除する智将(ロシアW杯対戦国紹介)

ロシアW杯の組み合わせ抽選会が2日に行われ、日本代表はグループHに入り、コロンビア、セネガル、ポーランドの3カ国と対戦することが決定しました。今回は、日本が前回W杯で対戦して惨敗を喫し、今大会でも初戦で対戦することになったコロンビア代表について、紹介させていただきます。(文=下薗昌記)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ポーランド、世界最高の矛と盾を持つ実力国(ロシアW杯対戦国紹介)

日本時間12月2日未明に行われたロシアW杯組み合わせ抽選会で、日本はポーランド、コロンビア、セネガルの3カ国と対戦することが決まりました。今回は、その中でW杯欧州予選グループEを首位通過したポーランドについて紹介を行なわせていただきます。(文:VICTORY編集部)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

日本は、ポーランドをどう攻略すべきか? 特別寄稿:柴村直弥

ロシアW杯で対戦する3カ国は、いずれも日本人に馴染みが薄い。そこで今回は、ポーランド2部ストミール・オルシュティンでプレー経験を持つ柴村直弥選手(クリアソン[東京都1部])に、分析を行なってもらった。直近2試合でポーランド代表が3バックを試していることなど、他で報じられていない現役選手ならではの視点をお読みいただきたい。(文:柴村直弥)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

日本は、いつまで“メッシの卵”を見落とし続けるのか? 小俣よしのぶ(前編)

今、日本は空前の“タレント発掘ブーム"だ。芸能タレントではない。スポーツのタレント(才能)のことだ。2020東京オリンピック・パラリンピックなどの国際競技大会でメダルを獲れる選手の育成を目指し、才能ある成長期の選手を発掘・育成する事業が、国家予算で行われている。タレント発掘が活発になるほど、日本のスポーツが強くなる。そのような社会の風潮に異を唱えるのが、選抜育成システム研究家の小俣よしのぶ氏だ。その根拠を語ってもらった。(取材・文:出川啓太)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

早熟の子を「神童」と呼ぶ愚行、いつまで続くのか? 小俣よしのぶ(後編)

前回の記事で、日本のタレント発掘ブームの問題点を的確に指摘し、改善点を指摘してくれた選抜育成システム研究家の小俣よしのぶ氏。今回は、今夏注目されながら惜しくも甲子園出場を逃した清宮幸太郎選手、天才サッカー少年と謳われる久保建英選手を題材に、日本のスポーツ選手育成の問題を取り上げていく。(取材・文:出川啓太)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部