(C)Kyodo News
VICTORY

西武、序盤戦快進撃の要因と課題は? 好調打線を牽引する源田壮亮と森友哉

今シーズン序盤戦のプロ野球を語る上で欠かせないのが、西武ライオンズの快進撃だ。一時の勢いはなくしたものの、ここまで首位を堅持している。ここまでの好調の要因、そして、シーズン中盤に向けた課題とはいったい何だろうか?(文=花田雪)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(2)

  • 40
    長谷川晶一

    ノンフィクションライター 2018/06/06 18:48

    開幕以来の西武打線は実に魅力的で、「とことん打つ」という野球原初の魅力を思い出させてくれて、一野球ファンとして楽しく見ています。

    ……でも、個人的には「山賊打線」というネーミングは納得いかないかな? この名称は75年、江藤慎一監督率いる太平洋クラブライオンズのもので、あの当時のメンバーの方が「山賊」にふさわしい荒くれ者たちの集団だったと思うので(笑)。

    もっと読む
  • 3
    中野崇

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 2018/06/01 00:30

    源田選手にはとくに期待しています。
    守備を期待されて入団した選手がバッティングでも活躍できるとなると、ドラフトによる選手の評価法にまで影響を与えるかもしれない、、と思っています。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter