(C)小林靖
VICTORY

“ゴメス”後藤選手が持つスター性 元ベイスターズ社長が語るはなむけの言葉

シーズン終盤を迎えたプロ野球、今年も現役を退く選手の名前が挙がる季節になりました。今シーズンは、球界に一時代を築いた“松坂世代”、BCリーグ・栃木の村田修一選手、巨人の杉内俊哉投手、横浜DeNAベイスターズのG後藤武敏選手の引退が相次いで発表され、一抹の寂しさを感じているファンも多いことでしょう。一方、中日に新天地を求めた松坂大輔投手は、13日に思い出の甲子園で6勝目を挙げ、同世代の引退に「僕はもう少し頑張るという決意表明のマウンドにしたいと思っていた」とコメント。20年前甲子園を沸かせた松坂世代の思いを背負って現役続行を宣言しました。 横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏が、自らが球団社長を務めていた時の同僚でもあるG後藤武敏選手の引退について、その思いを語ります。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter