©︎Getty Images
VICTORY

フィギュアスケートGPシリーズ開幕!日本男子のいない大会で見えた現状と、日本のフィギュアスケート文化の確かな成熟

2018スケートアメリカは、女子で日本がワン・ツーを飾るという、素晴らしい結果を残して幕を閉じた。今季のグランプリシリーズ初戦というだけでなく、新ルール下で開催される初のグランプリシリーズとして、今後のフィギュアスケート界を占う一戦となった。スケートアメリカがワシントン州エバレットで開催されるのは10年ぶり。ボーイング社の本拠地として有名な街で、私も到着した当初、タクシーの運転手などに「ボーイングの見学に来たのか?」と聞かれたほど、普段はスケートとは無縁の土地だ。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(2)

  • 0
    中野崇

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 2018/10/30 11:04

    アメリカのフィギュア人気はそんな感じになってしまってたんですね。。
    タイトルにあるほど日本のフィギュア文化の成熟が考察されるような内容でなかったのが残念です。

    もっと読む
  • 0
    岡部恭英

    TEAMマーケティング (UEFAチャンピオンズリーグ) Head of Asia Sales 2018/10/30 19:04

    女子フィギュアは、ロシアが強いが、日本の巻き返し期待しています!

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter