(C)共同通信
VICTORY

2018年のスポーツ界不祥事まとめ~スポーツ界のクローズドな体質が浮き彫りに

2018年のスポーツ界は不祥事が相次ぐ1年となった。5月に日大アメリカンフットボール部の悪質タックルが問題となったのを皮切りに、ボクシング、バスケットボール、大相撲、体操など、メディアで取り上げられない日がないほど立て続けに起こった。これら一連の不祥事に焦点を当て、どのような“決着”となったのかなどを振り返る。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 1
    佐藤ルミナ

    一般社団法人日本修斗協会理事長/修斗ジムroots代表 2018/12/27 22:28

    やはり良くも悪くも歴史あるもの急な改革は難しい。本気で改革を進める覚悟のあるリーダーが潰されぬ様に関係者のみならず知恵を絞らなくてはいけない問題。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter