大正製薬、JTA、伊達公子×YONEX PROJECTの3者が手を組み、日本女子ジュニア選手をはじめとした育成に取り組んでいく(写真/神仁司)
VICTORY

大正製薬と日本テニス協会がタッグ。ただのスポンサードで終わらない新しい形になるか

錦織圭と大坂なおみが、現在ワールドプロテニスツアーのトップレベルで活躍している今こそ、具体的な目標が定まり易いため、2人に追いつき追い越せるような日本の若い選手を育てる最大の好機だ。海外が主戦場になるテニスは、どうしても経済的な負担が大きくなり、選手やコーチの個々人の力だけでは限界が出てくる。だからこそ、協会や企業のサポートは必要不可欠であるのだが、そんな時に日本テニス界へ大きなニュースがもたらされた。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter