今年ファントークンを発行したJ1湘南ベルマーレ(クラブ公式サイトより)
VICTORY

海外チームとの浸透度の格差が大きいトークンは、安心して使えるのか?日本のプロチームが代替通貨“トークンを使う事情とは。

 コロナ禍でスタジアムやアリーナへの入場制限が課されるなか、新たなファンコミュニティの創出につながるツールとしてスポーツ界で注目されるテクノロジーがある。「トークン」だ。  ブロックチェーン技術を活用した「代替通貨」のことで、2020年にサッカーのFCバルセロナがファントークンを発行すると2時間で約1億4000万円を売り上げた。ユベントスやパリ・サンジェルマン、ガラタサライなど欧州の人気クラブでも活用されている。

この連載について

続きを読む 続きを読む

コメント(1)

  • 0
    ぶすた~

    2021/04/16 12:32

    サッカーやバスケでこういう話が多いのはチケット収入割合が小さいからなのか。
    プロ野球のように試合を多くして稼ぐという発想に至らないのは企業として甘えだと思う。スタジアム運営も改善するだろうに。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter