2023年シーズンに新設となったITFのW15大阪大会で初めてトーナメントディレクターを務めた伊達公子氏(写真/神 仁司)
VICTORY

世界のトップ50に、日本女子がいない危機 「何かやらなくてはいけない」伊達公子ら元トップ選手たちが立ち上がった理由

2023年4月、女子プロテニスの世界ランキングトップ100から、日本選手の名前が消滅してしまった。 そんな日本テニス界にとって厳しい状況下で、大阪で新たに誕生した大会があった。ジャパンウィメンズテニストップ50クラブ(以下JWT50)がプロデュースした大東建託オープン2023で、この大会で初めてトーナメントディレクターを務めたのが、JWT50の理事の1人である伊達公子氏だ。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter