©Getty Images
VICTORY

過剰な演出で魅力を半減させる日本のスポーツ中継

揶揄的なキャッチコピーが氾濫し、選手のミニ・ドキュメンタリーが何度も繰り返され、芸能界など“畑違い”の人間がコメントする……。果たして、日本のスポーツ中継はこのままでいいのだろうか。

続きを読む 続きを読む

コメント(14)

  • 18
    渡部康弘

    TVプロデューサー 2017/02/12 08:29


    テレビ局には公共の電波使用ゆえの文化醸造への貢献や報道機関としての側面からスポーツをありのままに伝えるという役割や責任があります。ですが特に民放は収入に直結する視聴率が最重要事項ということも事実。極論すれば過剰演出など無い方が数字が取れるか、数字は二の次で構わないという本当にスポーツに理解のあるスポンサーが付くか、ということになってしまいます。つまり日本全体のスポーツへの成熟度の問題の方が大きいと思います。だからこそ、このような記事やそれを元に議論していくことが非常に大事になってくるのです。

    ただし今の私の立場から言えば、地上波には許される範囲で大いに演出しファンを拡大してもらい、その中から純粋なスポーツ中継を生中継で楽しみたい人は有料の放送や配信で、という棲み分けが理想的なのですが・・・。有料サービス側はそれに値するスポーツ中継を提供できるかが最重要事項になってくる訳です。

    もっと読む
  • 13
    河田剛

    スタンフォード大学フットボールコーチ 2017/01/31 01:53

    チームにメディア・リレーションの担当者がいない、もしくは、その正しい働きをしている担当者がいないことが大きな問題の一つであると思う。欧米では、スポーツメディア・リレーションシップを大学や大学院で学んだ担当者が、『メディア・リレーション担当』として、(ヘッドコーチや監督を含む)チームのフロントと選手、メディアの三者間を取り持ち、チームの方針に逆らうような報道をコントロールしている。過剰演出の問題とは、少し外れるのかもしれないが、こういうメディアとのせめぎあいの積み重ねが、放送自体の質を上げていく要素であることは、間違いないと思う。

    もっと読む
  • 11
    池田純

    プロ経営者 2017/02/01 00:06

    ESPNみたいなスポーツに本当に特化、強い、局?企業?が出来ればしっかりとしたスポーツの見せ方が定まっていくのでしょうが、視聴率、スポンサードを見据えると、賑やかしな方向とのジレンマになるんでしょうね。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter