(C)共同通信
VICTORY

異例のギャンブル合戦になった2018年ドラフト、1番トクした球団は?

2018年10月25日に行われたドラフト会議。特に今年は、史上初の2度目となる、春夏連覇を達成した大阪桐蔭の根尾昂、藤原恭大を中心に、高校生野手のドラフト1位競合指名に注目が集まった。例年であれば層の薄いチームは、自チームの弱点補強を図り、ギャンブルに走らないとされるが、今年は異例のギャンブル合戦となった。そんな中、1番トクした球団はどこだと言えるのか。探っていく。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 0
    中野崇

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 2018/11/01 00:29

    ドラフト結果の細かい戦略分析はいつも参考になります。
    ここからどんな選手が伸びてくるのか楽しみです。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter