「今のほうが走っていて楽しい」フリーになってからの活動について

ー最近の競技の活動について教えて下さい。

岩出:直近では、5000mに一年ぶりくらいに出ようと思っています。そのあとは、一月の大阪、三月の名古屋に向けて走力を上げていこうというところですね。練習内容としては気軽に楽しくたくさん走る、みたいな感じです。あとは、ウエイトトレーニングやコアトレーニングはやるんですけど、特別なことはやっていなくて。普段通りにたくさん走って、たくさん食べて、たくさん寝るみたいな生活をしています。あまりまだ陸上界でウエイトトレーニングをする人は少ないですけど、自分にはあっているので定期的にやっている感じです。

ーフリーならではの苦労っていうのはあったりしますか?

岩出:三年前にプロになって、その時から一人で練習していたので、全然苦労もないですね。逆にイベントとかを取り入れたことで、一般の方と練習する機会の方が増えてきて、これまでの三年間より、今の方が走っている分には楽しいですね。ただ、思ったよりスポンサーをつけるのが難しくて、今のところイベント以外のところで収益がゼロなので、そこはもう少し頑張らないといけないと思っています。

ースポンサー獲得に向けて、なにか特別な活動をされたりしていますか?

岩出:特にないですね。ただ一応、広告代理店とかにお願いしてるんですけど、自分の方で探すってなっても、SNSくらいしか皆さんに伝えられる手段がないので、こういった連載などを通じて、誰かの目に留まればとは思っています。

「第二の実家を作りたい」厳しい中高生時代を過ごしたからこその夢

ー競技外での活動も教えて下さい。

岩出:今後色々やっていきたくて、コアなファンを増やすためのサロンであったり、幅広く認知してもらうためのYouTubeであったり、個人的にトータルケアのジムを開きたいなと思っています。私が寮生活をしていた時、親とも離れて、友達もみんなライバルだから弱音も吐けなくて、苦しい思いをしたんです。その時に、3ヶ月に1回行く美容院のおばちゃんにめっちゃ助けられたんですよ。食事制限や体重制限されているっていう話をしたら、髪の毛を切りながら大福とか、たませんを出してくれて、そこにいくとすごく元気がでて「また頑張ろう」と思えて帰れていましたね。そういう背景もあて、試合前でナイーブになっている子たちに、「大丈夫だよ」って言えるようなアットホームなジムを作りたいです。私はその美容院が第二の実家のように感じていたので、別に体が痛いとかがなくても、「あそこで話を聞いてもらいたいな」って思ってもらえるような場所を作りたいですね。

ーそういう思いはどういうきっかけで芽生えてきたんでしょう?

岩出:東京オリンピックの予選が終わってから、そういう気持ちが芽生えたというか。それまでは自分の競技しか考えていなかったですけど、予選が終わってひと段落した時に、これからどうやって自分が競技を続けていくかを考えた時に、自分一人のために続けていくのは気持ち的に厳しくて。誰かの役に立つなら、もう少し続けていきたいなと思うようになったので、ジムを開きたいなっていう考えに至りました。

ーSNSを始めようと思ったきっかけを教えて下さい。

岩出:最初は私がどうこうというより、前所属のドームさんがアカウントを作ってくれて、これで投稿してくださいっていうフォーマットが送られてきただけですね。でも、やっているうちに楽しくなってきたし、フォロワーもどんどん伸びてきていて、それが自分の価値にもつながるので、そこは大切にしています。

ーTwitterの投稿などで、意識されていることはありますか?

岩出:大体自分がキツそうな動画は人気があって保存件数がめちゃくちゃ伸びます。(笑)あとは私服とか、ライフスタイルを上げると、それもまた人気ですね。あんまりスポーツ選手の裏側って見ることがないと思うので、コメントとかは多い気がします。時間的には夜9時にあげると、一番見られるのはわかっているんですけど、空き時間にやっているので、そこは軽く意識する程度ですね。内容については、基本ネガティブなことは発信しないかもしれないです。笑顔でいる写真を大事にしていたり、コメントとかもみんなで高め合えるような文面を意識しています。あとは市民ランナーの方に役立つような内容も取り入れるようにしています。

連載記事をチェックしよう!

本連載は各選手、1週間に約1本のペースで更新されていきます。記事の更新は本連載のパートナーである「PasYou」のTwitterアカウントから確認できます。サイン入りユニフォームが当たるプレゼント企画等も、不定期で実施されています。フォローをした上で次回記事をお待ちくださいませ。

【特集】Off The Pitch〜アスリートの知られざる一面〜

PasYouでは、選手のピッチ上では見られない一面や魅力をお伝えするために、各選手1週間に1本を目安にインタビュー記事を更新しております。これまでの特集記事のまとめはこちら

VICTORY ALL SPORTS NEWS
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部