©Getty Images
VICTORY

代表正GKは、川島永嗣でしかあり得ない。専門家がみる3つの理由

川島永嗣選手は、2010年ワールドカップ以降岡田武史、アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレ、ヴァヒド・ハリルホジッチと4人の監督からサッカー日本代表正ゴールキーパー(GK)に指名され続けてきた選手です。しかし一方で、ファンからの毀誉褒貶がやまないGKでもあります。「ミスが多い」「技術が低い」「Jリーグにもっと良いGKはいる」……しかし、GKの専門家である山野陽嗣氏(元U-20ホンジュラス代表GKコーチ)は、そうした視点を真っ向から否定。「正GKは川島以外あり得ない」とまで言い切ります。その根拠は何なのでしょうか? (文:山野陽嗣)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(7)

  • 190
    岩本義弘

    (株)TSUBASA代表取締役 2017/08/31 13:53

    GKについての技術検証記事は斬新。そして、川島永嗣が現在の日本人GKとしてトップの実力だという点にも同意。ただ、中村航輔を落として川島を上げる手法はいただけない。

    もっと読む
  • 8
    小澤一郎

    サッカージャーナリスト/株式会社アレナトーレ 2017/08/31 13:22

    川島が現時点での代表の「正GK」であることに異論はありませんが、技術、フィジカルのロジックは専門家の割に稚拙な印象を受けました。代表のGK練習を観に行っている、ブログで代表のGKアップを分析しているのは「さすが」だと思いますが、中村航輔との技術比較は「その時に(偶然)出た現象」を恣意的に使っている印象で、川島の優位性を担保するだけの検証になっていないかと。(そもそも川島への過小評価などあるのでしょうか!?)自分は逆に中村はクロスに対して「きちんと足を運び」正対して面を作れるGKという認識を持っています。フィジカルについても二人には体重差もあるので(代表のメンバーリストでは2キロ差)、物理学の視点で見た「パワー」に違いがあります。軽量という身体的特徴を踏まえて、柏は身体全体を使ったブロッキング、そのための動きだしのスタンス、プレ動作を中村に育成年代から指導してきているはずで、ここまでダメ出しするなら主観以外の客観データや試合でのパフォーマンス評価まで入れてもらいたかったです。GKの記事が増えること自体は好意的に捉えていますが、川島を推すために代表に入るほどのGK(日本の将来を背負ってもらいたいタレント)を貶める必要はないのかなと思いました。偉そうな物言いですみません、自戒を込めてのコメントです。

    もっと読む
  • 2
    岡部恭英

    TEAMマーケティング (UEFAチャンピオンズリーグ) Head of Asia Sales 2017/08/31 16:09

    なるほど…。専門的なことは分かりませんが、GK誰でも良いので、とにかく一瞬も気が抜けることなくDF陣を統率して、失点ゼロに抑えて、ぜひ今宵の決戦に勝利を!

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter