©CHIBA JETS FUNABASHI/Take-1
VICTORY

「世界観」の演出で観客を惹き付ける 千葉ジェッツが示すBリーグの可能性

2年目を迎えたBリーグの中で一際輝きを放っているのが千葉県船橋市を本拠にする千葉ジェッツふなばし。昨季は富樫勇樹を擁し天皇杯で優勝を飾るなど飛躍のシーズンとなったが、その実力とともに話題を呼んでいるのが、アリーナに足を運ぶだけで楽しめる「世界観」の演出だ。昨季はリーグトップだった観客動員数も好調で、Bリーグの成功例と言われる千葉ジェッツの魅力に迫る。(取材・文 大島和人)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(11)

  • 63
    飯田覚士

    『飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイ』会長 プロボクシング第9代WBA世界スーパーフライ級王者 2017/10/15 18:02

    千葉ジェッツの凄いところは島田代表の『島田塾』(他クラブ、特にB2の経営者にノウハウを伝授する取り組み)。
    他のクラブに負けない自信とバスケ愛を感じます!
    Bリーグの発展、期待できますね。

    もっと読む
  • 59
    能田 達規

    マンガ家 2017/10/16 02:32

    千葉ジェッツの社長の手腕は評価されるべきだと思いますが、まず首都圏の人口63万人の船橋市に船橋アリーナがあったという事実を抜きには語れないと思います。
    船橋市総合体育館(船橋アリーナ)は船橋市の「スポーツ健康都市宣言」の記念事業としてバブル景気期に建設が持ち上がって完成した施設で鉄道2路線のターミナル駅から徒歩圏の興行に適したアリーナです。この箱(ハコ)の存在抜きに千葉ジェッツの躍進は語れません。
    Jリーグのファジアーノ岡山の躍進報道の時にも思ったのですが、最初に与えられている箱の好条件(アクセス、周辺人口)を抜きに経営者の手腕を過大評価しすぎではないかと思う愛媛県松山市出身の船橋市民です。

    もっと読む
  • 19
    南 隼人

    株式会社Gifut代表 スポーツMC/アナウンサー 2017/10/13 18:29

    試合とは違うところでのファンの方に楽しんでもらう仕掛け、参加型、視覚聴覚の刺激。どのチームも色々と取り組んでいます。まずは会場に足を運んでもらえるきっかけを多く作っていきたい。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter