横浜ビー・コルセアーズの買収から一転

Bリーグは6日、同日に開催された理事会で、B1リーグに所属する川崎ブレイブサンダースの株主(オーナー)が、2018-19シーズンから株式会社DeNAに変更されることが承認されたと発表した。

川崎ブレイブサンダースは、1950年に創設された東芝バスケットボール部が母体となっている。71年に日本リーグ2部に加入すると、83年に1部に昇格。それ以降、一度も降格していない名門だ。その後、日本リーグがNBLにリーグ名が変わった際には、「東芝ブレイブサンダース神奈川」として活動。リーグ戦4度、天皇杯3度の優勝を誇る名門だった。

今年8月には、横浜DeNAベイスターズの前社長である池田純氏が、地域密着による長期的なチーム救済を提案し、同クラブの買収に迫ったと一部で報じられた。その後、交渉は暗礁に乗り上げたが、この動向を注視していたのがDeNA社だったという。

関係者によると、当初、DeNAは同じ横浜を本拠地とし、コラボ企画も実施していた横浜ビー・コルセアーズの買収に動いていた。しかし、交渉は破談となり、急転直下、池田氏が交渉を行っていた川崎の買収に乗り出し、今回の契約締結に至ったようだ。

池田氏は、自身のフェイスブックを通じてコメントを発表、「ちっくしょ〜〜〜 バスケ買収、本件の存在に気づかせてしまった。」(原文ママ)と、悔しさをあらわにしている。それでも、「2016年10月にベイスターズ社長を退任して以来D社とまったく関係ないので誤認してもらいたくないが、私は個人でだったので、どうしても折り合わない条件があって断念せざるを得なかったが、残念。がんばってもらうしかない。」と、新オーナーとなったDeNAへのエールで締めくくった。

2012年に池田氏が社長に就任して以降、ベイスターズは約24億円の赤字を解消、年間の観客動員を110万人から194万人に伸ばし、本拠地である横浜スタジアムの運営会社買収も実現。池田氏が去ったあとも、チームは19年ぶりに日本シリーズ進出と勢いはとどまらない。こうした経験を活かし、昨シーズンのBリーグファイナルまで勝ち進んだ名門とともに、バスケットボール界でも旋風を巻き起こせるか注目だ。

[ユニ論]ユニフォーム・サプライヤーの最新勢力状況(Bリーグ2017-18編)

2シーズン目を迎えたBリーグ。B1とB2の計36チームのうち、8チームがユニフォームサプライヤーを変更した。他競技のブランド進出も目立っている。(文=池田敏明)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

大河チェアマンが語るBリーグの未来 必要なのは「居酒屋の飲み会をアリーナでやってもらう」という発想

2016年、長きにわたり待ち望まれていた新プロリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」が華々しく開幕した。開幕戦では全面LEDコートの演出を実施し、試合情報の入手からチケット購入までをスマホで手軽に利用できる仕組みを導入するなど、1年目のシーズンから“攻めの姿勢”を見せてきたBリーグ。「2020年に入場者数300万人」という目標に向け、歩みを止めない彼らが次に打つ手、それが経営人材の公募だ。 前編では、Bリーグ・大河正明チェアマンと、公募を実施する株式会社ビズリーチ代表取締役社長・南壮一郎氏に、今回公募する人材に対する期待や、この取り組みの背景にある壮大な夢を語ってもらった。後編となる今回は、バスケットボールという競技の持つ可能性と、Bリーグの未来について語り尽くした。そこには、スポーツビジネスの神髄ともいうべき数々の金言があった――。(インタビュー・構成=野口学 写真=荒川祐史)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
「世界観」の演出で観客を惹き付ける 千葉ジェッツが示すBリーグの可能性オリンピック出場権だけじゃない!2年目のBリーグに注目すべき理由旧NBLチームによるリーグ支配を認めない琉球、優勝を目指す「大勝負」に
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部