(C)共同通信
VICTORY

ロッテ新入団の波乱万丈ルーキーズ七人衆! その“這い上がり”半生を振り返る

先日、真新しいユニフォームに袖を通した千葉ロッテのルーキーズが面白い。1位の安田尚憲を除くと、高校、大学時にドラフト指名候補に挙げられながらも指名漏れするという挫折を味わった4選手をはじめ、故障の影響で社会人チームから内定取り消しをくらい、リハビリ&就職浪人から這い上がった苦労人や、高校時代は陸上部に所属していた変わり種、さらには部員不足から存続の危機に直面した高校を県4強に導いた無印の原石など、“這い上がり系”がズラリと顔を揃えているのだ。一筋縄ではいかなかった波瀾万丈ルーキーズ。その横顔をクローズアップする。(文=小林雄二)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(3)

  • 83
    小林至

    江戸川大学教授 元福岡ソフトバンクホークス取締役 2017/12/20 19:22

    ストーリー性のある選手が、一軍で活躍することは、興行面において、とても素晴らしいことになります。ガンバレ!

    もっと読む
  • 43
    南 隼人

    株式会社Gifut代表 スポーツMC/アナウンサー 2017/12/18 16:51

    読んでいるだけで、ドキドキワクワクする新入団選手たちですね。一度挫折や失意を味わっている人間は精神的に強さをもっているようにな気がします。しかもそこから折れずに向かっていく姿勢。来季のマリーンズは要注意か!?

    もっと読む
  • 38
    カネシゲ タカシ

    漫画家・コラムニスト 2017/12/21 06:39

    バラバラと帰る報道陣。気まずそうな仲間たちの顔……。「指名漏れ」の屈辱のデカさは想像に難くない。それが10代20代での経験となれば尚更だろう。
    さあ、見返すときがきた。来年のロッテが楽しみでならない。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter