(C)The Asahi Shimbun/Getty Images
VICTORY

宮原知子が描く“日本女性の美しさ” 苦難の日々が導いた滑る喜びと新たな魅力

熱戦が繰り広げられる平昌オリンピック、21日からはいよいよフィギュアスケート女子シングルが始まる。羽生結弦が66年ぶりの2連覇、宇野昌磨も初出場で銀メダルと、男子が歴史的な快挙を成し遂げた中、女子にかかる期待もまた大きくなっている。ソチオリンピックの代表落選から4年。大きく成長を遂げた宮原知子は、平昌の舞台にどんな想いを抱いているのだろうか。苦難の日々と、新たに放つ魅力の源泉を振り返る――。(文=沢田聡子)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 5
    岡部恭英

    TEAMマーケティング (UEFAチャンピオンズリーグ) Head of Asia Sales 2018/02/19 16:37

    宇野選手同様に、決して幼い頃からの「ジャンプの選手」だった訳ではない努力型の宮原選手。

    強敵ロシア人選手たちがいますが、長年に渡るひたむきな努力の成果を信じて、ぜひ頑張ってください!

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter