「全員集合」のキャンプにあるメリットとデメリット

プロ野球の春季キャンプも、終盤を迎えている。2月24日からはオープン戦も始まり、各球団はシーズン開幕へ向けて徐々にエンジンをかけていく時期がやってきた。

キャンプでの見どころといえば、新戦力の状態や主力選手の仕上がり具合だが、各球団の練習メニューや内容には、正直ほとんど差はない。

もちろん、球団によって練習時間が多少違ったり、観客の多さやチームの雰囲気などの差はある。ただ、「この球団は、他球団と比較して面白いことをやっているな」という分かりやすい違いがあるかというと、そうではない。

プロ野球では、2月1日に12球団が一斉に春季キャンプをスタートさせる。アリゾナでキャンプイン(17日からは沖縄)する日本ハムを除いた11球団は国内の宮崎、沖縄で約1カ月間、シーズンに備えることになる。

球団によって多少異なるが、「4勤1休」もしくは「5勤1休」のサイクルが基本。投手組、野手組がA班、B班に分かれて、そこからさらに3~6人に組み分けられる。日によってメンバーが変わることもあるが、組ごとにローテーションでメニューをこなしていくというのが一般的だ。

筆者は今年、宮崎で昨季王者のソフトバンク、広島を中心にキャンプ取材を行ったが、選手個人で目を引くケースはあっても、練習内容やチームとしての取り組みに目新しさを感じることはなかった。

12球団すべてが、全く同じ日に、ほぼ同じ場所で、「全員集合」でスタートさせる日本球界の春季キャンプ。当然ながらそこにはメリットとデメリットが存在する。

メリットとして挙げられるのは、全選手が揃うことで連係プレーなどを入念に仕上げていくことができること。さらには、新入団選手がチームに溶け込む機会が与えられることだろう。

1カ月間、同じ宿に泊まり、同じグラウンドで汗を流す。シーズンが始まれば全体練習の時間などは限られてくるし、連係の確認やチームワークの形成をするタイミングは、春季キャンプくらいしかない。

その一方で、「全員集合」することによって選手個々の練習時間が制限されてしまうというデメリットも存在する。

プロ野球選手に「キャンプでのテーマ」を聞くと、十中八九返ってくる答えが「シーズンを通して戦えるための体づくり」だ。

ほぼ毎日試合があるシーズン中は、疲労を貯めないために体に負荷のかかるような厳しい練習を行うことはできない。だからこそ、シーズン前のこの時期に、体を徹底的にいじめ抜いて1年間戦える肉体をつくり上げる。

ここでひとつ、疑問が生じる。「シーズンを通して戦える体づくり」は、果たして春季キャンプのような全体練習でないと実践できないのか。

答えは、ノーだ。

選手たちも意味を理解していない練習がたびたび行われている

キャンプでは前述のとおり、選手たちが組み分けされ、ローテーションでメニューをこなしていく。例えば、投手は数人単位で投内連係、牽制、ブルペン、バント練習……。打者はフリーバッティング、ロングティー、ティー、ランニング……。こういった練習を「1組につき何分ずつ」といったスケジュールに沿って行うわけだ。

練習を見ていると、「あれ、もう打撃練習は終わりか」、「牽制の練習、ずいぶんさらっと終わったな」といった場面を多く見かける。

それもそのはず。プロ野球の支配下登録枠は70人。各球団、シーズン中の補強などに備えて数人の「空き」をつくってはいるが、ここに育成選手を加えると全体の人数はかなりの数になる。A班、B班に分けられているとはいえ、グラウンドの数も限られており、どうしても選手1人に対する練習量を十分確保できているとはいい難い。

また、今春キャンプではこんなシーンも見かけた。

メイングラウンドとは別のサブグラウンドで、あるチームの投手組が「走塁練習」と「守備練習」を行っていた。

走者になったことを想定して、一塁から二塁、二塁から三塁、三塁からホームへと還ってくるのだが、サブグラウンドで観客もいないためか、雰囲気は「悪い意味」で非常に緩い。

一応、「実戦を想定」しているのだろうが、三塁走者としてタッチアップをする場面でも、実際に打球が飛ぶわけではないため、個々が「エア練習」のような形で一度ベースに戻り、自分のタイミングでスタートを切る。それも全力疾走ではなく、「とりあえず走る」といった印象だ。人数も多いため、一人が走っている間、他の選手は後ろで暇そうに談笑している。

守備練習もそうだ。
マウンド上で、ピッチャーゴロを想定したノックならまだ理解できるが、筆者が見たのはショートとセカンドの位置に2組に分かれて行う、いわゆる「ゲッツー」を想定したノックだった。

プロ野球の投手が、試合でショートやセカンドの守備につくことなど、まずあり得ない。

当然、そこに飛んでくるゴロをさばくことも実戦では起こりえないことで、果たしてこれが何のための練習なのか、正直理解できなかった。

打球を処理することではなく、追うことで下半身を強化する狙いがあるのか……、と無理矢理に考えてみたものの、走塁練習と同じく人数が多いため、実際に1人の選手が打球を処理する回数は4~5回ほど。

試合では絶対にありえないケースを想定した練習を、投手全員で1人あたり数回こなす程度の練習に、いったいどんな意味があるのか。

思い切って、練習後に一人の選手に雑談交じりで「今の練習は、どういう目的?」と聞いてみると、「よくわからないです(笑)」という言葉が返ってきた。

――選手たちも、「よくわかっていない」のだ。

キャンプだから、全体練習だから、決められたメニューだから、なんとなく練習をこなす。これでは、チームワークの形成はもちろん、「シーズンを戦うための体づくり」に役立つはずがない。

むしろ、「個人練習」の時間として各々が自分に必要だと思う練習を行うなり、休息をとるなりする方が、まだ有効に思える。

ここであげたのは、ほんの一例だ。
春季キャンプを見ていると、どうしても「非効率」に思える場面をたびたび目にする。

キャンプの仕組みを試行錯誤する時期が来ている

2月1日の12球団一斉キャンプインは、日本球界の風物詩でもある。キャンプが不要だといっているわけでも、全体練習が無意味だといっているわけでもない。

ただ、毎年当たり前のように行われている現状のキャンプの仕組みには、間違いなく改善の余地がある。

メジャーリーグのように、投手と野手でキャンプインの時期をずらすのも、キャンプ期間自体を縮小させるのも、やり方としてはありかもしれない。もしくは、自費で個人トレーニングを行える主力選手だけは、後からの参加を許すといったことを考えてもいいかもしれない。実際、外国人選手の中には「メジャー式の調整」で2月中旬になってようやく来日する者も多い。

「体づくり」の時期は個人練習と全体練習を併用し、実際に「キャンプイン」した後はより実戦に近い練習や対外試合を行うといったスケジューリングにしても、いいかもしれない。

特に、前年下位に終わった球団は、上位球団と同じ取り組みをしていてもその差は埋まらない。思い切った練習体系やメニューを考案するなど、試行錯誤してみてもいいはずだ。

ファンにとっても、メディアにとっても、春季キャンプは選手をいつもより間近で見られる貴重な機会だ。だからこそ、形骸化しつつある今のプロ野球春季キャンプに風穴を開けてくれるような、そんなチームが現れるのを期待してしまう。

日本野球が誇る「全員野球」を大事にしつつ、春季キャンプの一番の目的でもあるシーズンに向けた体づくりを、実践する。

現状の春季キャンプは、おそらく「正解」ではない。

最適な方法は、まだあるはずだ。

<了>

野球のトレーニングに「走り込み」は必要なのか? vol.1

日々、進化し続けるスポーツのトレーニング事情。近年、とりわけ話題になっているのが「走り込み」と「ウェイト・トレーニング」の是非をめぐる問題だ。野球という競技において「走り込み」はそれほど効果がなく、「ウェイト・トレーニング」にもっとしっかり取り組むべき、という考え方が広まってきている。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

日本はいつまで「質より量」の練習を続けるのか? 坪井健太郎インタビュー

「長時間の練習、絶え間ない努力が結果に結びつく」。日本では長らく、スポーツのトレーニングに質より量を求める風潮があり、その傾向は現在も続いています。結果として、猛暑の中での練習による事故、罰走を課せられた選手が重体になる事件など、痛ましいニュースが後を絶ちません。 海外に目を移せば、十分な休養、最適な負荷がトレーニングに必要な要素という認識がスポーツ界でもスタンダードになっています。サッカー大国・スペインで育成年代のコーチを務める坪井健太郎氏にお話を伺いました。(取材・文:大塚一樹)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

カープ女子の、ガチすぎる愛情。優勝の1日を振り返る

「カープ女子」という言葉が世間を賑わせるそのはるか前から、一途で筋金入りのカープファンだった、古田ちさこさん。広島カープが37年ぶりの連覇を決めた9月18日。彼女はこの記念すべき1日を、どのようにして迎え、過ごしたのでしょうか? 決して派手とはいえなくとも、純粋な愛情に満ち溢れていた1日を振り返ります――。(文=野口学)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

筒香が声を挙げた球界の危機とは? 前ベイスターズ社長が見た過度な勝利至上主義と喫煙問題

横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手が、子どもたちを対象にした野球体験会に参加しました。このとき、イベント終了後に報道陣に語った「日本プロ野球界への問題提起」が話題を呼んでいます。現役選手の異例の発言は球界に変化をもたらすのでしょうか?

VICTORY ALL SPORTS NEWS

青木宣親は低迷するヤクルトの救世主となれるか? データと「対応力」の高さが示す可能性

今オフ、ヤクルトへの復帰を果たした青木宣親。メジャーリーグでも現役バリバリの状態で日本野球界へと戻り、1年目からどれぐらい活躍できるかに注目が集まる。低迷する古巣を甦らせ、優勝争いへと導くことはできるのだろうか――?(文=花田雪)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

DeNA、常識外れの「左4枚」は球界OBも太鼓判 その独自の戦略を読み解く

昨シーズン、19年ぶりとなる日本シリーズ進出を果たした横浜DeNAベイスターズ。その原動力の一つとなった「充実した左投手」に、さらにもう一人、即戦力の呼び声高い東克樹がドラフト1位指名された。常識外れの「左4枚」、その裏にある独自の戦略を読み解く。(文=花田雪)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

戦力外の村田修一はどこに行くのか? 新天地決定は、来シーズン開幕後の可能性も

2016年にセ・リーグのベストナイン、ゴールデングラブを同時受賞した村田修一。だが、クライマックスシリーズの出場を初めて逃した読売ジャイアンツは若返りにかじを切り、今オフ、村田に戦力外通告を突きつけた。2012年に横浜DeNAベイスターズからFAで巨人に移籍し、リーグ3連覇にも貢献した36歳は新シーズンをどこで迎えることになるのか。(文:菊地選手)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

松坂大輔は復活できるのか? 懸念される肩の爆弾と投球スタイル

日本球界に復帰してから3年。福岡ソフトバンクホークスを退団した松坂大輔は、中日ドラゴンズへの入団を懸けたテストを控えている。果たして、日本球界でも類いまれなる実績を持つこの右腕は、復活を遂げることができるのだろうか――?(文=花田雪)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ソフトバンク内川は“内部告発”したのか?「コンビニ弁当」問題に見る2つの違和感

クライマックスシリーズでの4試合連続本塁打も記憶に新しい内川聖一選手(ソフトバンク)の契約更改での発言が話題になっています。この発言は、ファーム寮の食堂で選手が「コンビニ弁当」を食べている姿を目にしたことによる問題提起として取り上げられています。

VICTORY ALL SPORTS NEWS
花田雪

著者プロフィール 花田雪

1983年生まれ。神奈川県出身。編集プロダクション勤務を経て、2015年に独立。ライター、編集者として年間50人以上のアスリート・著名人にインタビューを行うなど、野球を中心に大相撲、サッカー、バスケットボール、ラグビーなど、さまざまなジャンルのスポーツ媒体で編集・執筆を手がける。