「選手が次のステージに進むきっかけになって欲しい」

―山田選手が立ち上げたGSについて教えてください。
山田:「Glocal Scouts」と言って、コロナでなかなか選手がアピールできない環境から何かできないかと思い、いろいろな選手が次のステージで活躍できるようにという願いをこめて立ち上げました。

―ラグビーでも、選手がアピールできない環境になっていますか。
山田:夏の甲子園が交流会になったり、学生スポーツがなくなったりしているので、アピールする場を設けようと思いました。GSのサイトの中にもいろいろなジャンルがあるのですが、ラグビーに限らず、スポーツの取り巻く環境をよりよくしたいという思いがあったので、ひとまずラグビーからやってみました。

―どんな学生がターゲットですか。
山田:中高大学生ですね。人の目に触れてもらう機会が少ないのが一番大きい問題なので、そこを整えてあげたかったです。プロのスポーツ界は評価を受け続けることになります。日本の学生には馴染みがないかもしれませんが、評価をもらうことを体験してもらって、それを糧にレベルアップをしてもらったり、自分が良い評価だったら自信をつけてもらったりしてほしいと思いました。ただ「見てください」ではなく、GSを通して選手自身が次のステージへ進むきっかけになってほしいですね。

―評価という言葉が出ましたが、学生はGSで何ができるのですか。
山田:GSでは、自分のアピールしたいポイントを文章で書いて、プロフィールを書いてもらうのですが、同時に動画もアップしてもらって、それを見てもらう形になっています。良いプレーがないと動画を作りづらいので、良いプレーを増やさなければいけなくなり、みんながしっかり練習するようになります。例えば、今あげてくれている久木野君は評価が4だったのですが、これからも頑張ってさらに良いプレー動画をアップしてくれたら、評価が5になるので、日々更新してほしいと願っています。

―誰が評価しているのですか。
山田:野澤さんと大西さんという2人の審査員です。

―その2人が審査員になったのはなぜですか。
山田:彼らが日本で一番学生スポーツに詳しい方々で、選手としてのキャリアも素晴らしいですし、解説でもいろいろなプレーを見ていて、野澤さんは発掘プロジェクトもしているので、適任ではないかと思い、お願いしました。

―学生は審査されて、どんな未来が待っていますか。
山田:評価をされて、自分自身で受け止めて、自分がレベルアップできるように願っています。評価をされるというのが、馴染みがない文化になっているのですが、それを乗り越えてほしいですね。

―評価され慣れていないというのが意外でした。練習や試合で評価されないのですか。
山田:全国的なところだけですね。ハイスタンダードで評価が出るような機会を設けたいと思いました。

「新しい楽しみ方を」ラグビーファンに対して

―GSの活動を始めた根本的な理由はなんですか。
山田:コロナで学生がプレーする場所が少なくなったことです。

―どんな気持ちが込められていますか。
山田:みんな次のステージで活躍してほしいという思いですね。自分の行きたいところに行ってほしいですし、今まで培ってきたことの評価をもらって自信をつけてもらいたいですし、悪い評価でもそれを跳ねのけてさらに成長してほしいです。

―サービスを通じて評価をもらって、それに対して「また頑張ろう」とラグビーに打ち込んで次のステージに進んでほしいということですね。
山田:そうですね。ラグビーを続けなくても、その時の評価が悔しさや自信になることで、次のステージでも彼らが輝けるような材料になればいいと思っています。

―GSのシステムはどうなっていますか。
山田:GSはソフト面とハード面があって、評価をされるのはハード面であり、それはGSの目標である、「評価されて次のステージへ」というものです。ソフト面では、動画を見るには会員にならないと見られないため、SNS禁止の学校に所属する学生でも入れることになっています。これは、「この人の動画が見たい人は会員登録してください」というサービスなので、ゆくゆくは海外のリクルーターやエージェントにも登録してもらいたいと思っています。さらに、コロナでみなさんが試合を見ることができない中で、このサービスで趣味を増やしてほしいと考えています。

―みなさんというのはファンのことですか。
山田:ラグビーファンの方々です。保護者の人やラグビーを応援してくださる方々は、学生の時から応援していた選手が活躍して、「金の卵を見つけた」ということが嬉しいのではないかと思っています。例えば、「稲垣啓太選手のことを高校から注目していたんだよ」ということです。GSを通じてそういう楽しみ方を増やしたいという目標もあります。

―そういった意味では、選手だけではなくファンの人もGSの対象になっているのですね。
山田:そうですね。みんなが今までやってきたことができなくなったので、新しい趣味を提案したいと思いました。最終的には集まったお金の中から留学をさせることを考えています。

👇GLOCAL SCOUTS  詳細はこちら👇

GLOCAL SCOUTS

GLOCAL SCOUTS〜学生プレイヤーの活躍のを作る

PasYou(パスユー )|『あなただけ』に贈るビデオメッセージ

山田章仁|僕からあなたに贈るビデオメッセージ

誕生日やお祝いごとのメッセージ、お子さんや友人を鼓舞したり、励ましたりするメッセージ、自分への応援メッセージなどが届く!

PasYou(パスユー )|『あなただけ』に贈るビデオメッセージ

PasYouのTwitterでは随時、選手へのインタビュー記事を投稿しています。不定期的に選手のサイン入りユニフォームが当たるプレゼント企画などもやっていますので、是非フォローしてみてください!

■Twitterタイムライン

■Twitterフォローボタン

VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部