予選リーグで敗退が決まり、タオルをかぶって座り込む渡邊雄太 (C)共同通信
VICTORY

3連敗という現実を突きつけられたアカツキファイブ。はっきりと感じた課題はPGの育成だ

8月1日、男子バスケットボールの予選ラウンドに登場した日本代表は、世界ランク4位の強豪アルゼンチンに77‐97で敗れ、45年ぶりに出場したオリンピックの夢舞台は幕を閉じた。試合後、ユニフォームの裾をたくし上げて顔を隠し、頭からタオルをかぶったままベンチに座り込む渡邊雄太(トロント・ラプターズ)の姿が印象的だった。

続きを読む 続きを読む

コメント(1)

  • 0
    Hiroshi Fujimaru

    2021/08/11 06:53

    なかなか的確な指摘だと思います。よく研究されていますね。感服しました。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter