文=池田敏明

ビッグクラブの胸に陣取る「エミレーツ航空」

©Getty Images

 サッカーチーム、それもレアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといった世界的知名度のあるビッグクラブのユニフォームの胸スポンサーになることは、各企業に大きな経済効果をもたらす。何しろ試合では90分間、企業のロゴマークが画面に映り続け、それが世界中に配信される。チームが勝利すれば企業のイメージアップにもつながるし、ビッグトーナメントで優勝しようものなら、選手たちが歓喜する映像の中にロゴが映り続けることになる。15秒ないし30秒のCMを制作するより、よほど効果的ではないだろうか。

 ビッグクラブの胸スポンサーを射止めるのは、それなりの資金を準備できる大企業となる。現在、最も多くのビッグクラブの胸スポンサーになっているのは、UAEのエミレーツ航空だろう。R・マドリーを始め、ミラン、アーセナル、パリ・サンジェルマン、ベンフィカ、ハンブルガーSVと、ヨーロッパ各国のビッグクラブがユニフォームの胸に「Fly Emirates」のロゴを掲出している。アーセナルにいたってはホームスタジアムのネーミングライツも取得しており、彼らの本拠地は「エミレーツ・スタジアム」と呼ばれる。

 一方、バルセロナはカタール航空、マンチェスター・シティはエティハド航空が胸スポンサーになっている。中東の航空会社は現在、胸スポンサー業界の一大勢力となっているのだ。

 自動車関連企業も負けてはいない。ユヴェントスはフィアット・クライスラー社と契約しており、ユニフォームには「Jeep」のロゴが入る。また、マンチェスター・ユナイテッドはゼネラルモーターズ社(以下GM)と7年間の長期契約を結んでおり、胸には同社の代表的車種である「CHEVOLET(シボレー)」のロゴが輝いている。

「楽天」がバルセロナと巨額契約を締結

©Getty Images

 日本企業はどうだろうか。かつてはソニーがユヴェントスの、シャープがマンチェスター・Uの、セガがアーセナルの、トヨタがフィオレンティーナやバレンシアの胸スポンサーを務めていた時代があった。最近は外国の企業の後塵を拝してきたが、15-16シーズンから横浜ゴムがチェルシーとスポンサー契約を結んでユニフォームに「YOKOHAMA TYRES」のロゴが入っている他、17-18シーズンからは楽天がバルセロナの胸スポンサーを務めることになり、大きな話題を呼んだ。この契約が発表されたことによって「RAKUTEN」の名は世界中に知れ渡ることとなった。この時点で、楽天には大きなメリットがあったと言えるだろう。

 ちなみに、バルセロナと楽天の契約は年間約64億円で、優勝ボーナスなどを含めれば最大で約71億5000万円に達する。これはマンチェスター・UとGM社が結んだ年間約82億円に次ぐ額となっている。

クラブのマーケティングを取り仕切るマネル・アロジョ(Manel Arroyo)副会長は、「基本契約は年間5500万ユーロで、リーグ優勝した場合は150万ユーロ(約1億7000万円)、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)で優勝した場合は500万ユーロ(約5億8000万円)のボーナスが支払われる」と明かしている。
バルセロナが楽天と胸スポンサー契約、来季から年間64億円 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

 これまでは我々日本人にとってある程度、なじみのある企業を紹介してきたが、「日本ではあまり知られていない大企業」が複数のクラブと契約を結んでいるケースもある。その代表例として紹介したいのが、メキシコのパンメーカー、「グルーポ・ビンボ」だ。

 同社は世界最大のパンメーカーで、メキシコ国内はもちろん、アメリカやカナダ、中南米諸国にも商品を展開しているため、これらの国々の多くのクラブとスポンサー契約を結んだ実績を持つ。メキシコではクラブ・アメリカやチーバス、モンテレイ、ネカクサ、MLSのフィラデルフィア・ユニオン、コスタリカのデポルティーボ・サプリサ、アルゼンチンのベレス・サルスフィエルドなど、枚挙にいとまがない。ラテンサッカー好きの方なら、「BIMBO」という大きな赤文字のロゴを見たことがあるのではないだろうか。音の響きだけを聞くと、日本人にとってはいいイメージが湧かないかもしれないが、「BIMBO」はれっきとした大企業なのである。

鹿島アントラーズの、知られざるスポンサー戦略。常勝軍団を支える事業部門の活躍

「スポンサーというよりむしろパートナー」。常勝・鹿島と彼らを支える企業との関係性には、強いクラブを作る上でのヒントが隠されている。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

収益は浦和の約7倍! ドルトムントの精緻なブランドマネジメント

2017年7月15日に浦和レッズと対戦する、ドイツの名門ボルシア・ドルトムント。日本代表MF香川真司選手が所属し、バイエルン・ミュンヘンと並びドイツを代表するクラブの一つとしてサッカーファンにはおなじみです。そんなドルトムントが、わずか10年前に倒産の危機にあり、ブランドコントロールに本格的に乗り出したことはあまり知られていないでしょう。紐解くと、そこには日本のプロスポーツが参考にすべき事例が多々含まれていました。帝京大学経済学部准教授であり、プロクリックスでもある大山高氏(スポーツ科学博士)に解説を依頼しました。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

フロンターレの名物広報・天野春果が危惧する、Jリーグのアンバランス。「事業のクラマーさんが必要」

川崎フロンターレの名物プロモーション部長・天野春果さん。現在は東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会に出向している天野さんは、川崎時代に数々のユニークな企画を実現してきました。西城秀樹さんが「ヤングマン」を熱唱すれば、等々力競技場のトラックでF1カーが疾走。はたまた、「シン・ゴジラ」が始球式を行なったり、宇宙飛行士との交信を行なったり、小学生用の算数ドリルを作ったり……そんな天野さんが危惧しているのは、Jリーグの"強化"と"事業"のアンバランスについて。どういうことなのでしょうか?

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ドイツをW杯王者に導いたIT界の巨人「SAP」は、なぜスポーツ産業へと参入したのか?~前編~

企業向けのビジネスアプリケーションを開発・販売するソフトウェア企業として、世界最大のグローバル企業であるSAP。同社では今、ドイツ代表やバイエルン・ミュンヘン、F1のマクラーレン、MLB、NBAといった世界トップクラスのスポーツ関連組織とパートナーシップを組むなど、25番目の産業としてスポーツ産業に注力している。世界の商取引の76%は彼らのシステムを経由するといわれるSAPが、なぜ市場規模が決して大きいとはいえないスポーツ産業への参入を決めたのだろうか。そこには、ある明確な戦略があった――。(取材・文=野口学)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

なぜコカ・コーラ社は90年も五輪スポンサーを続けているのか?(前編)

東京2020オリンピックまであと3年。スポンサー収入がオリンピック史上最高額になるといわれているように、非常に多くの企業がこの祭典に期待を寄せ、ビジネスチャンスと捉えていることが分かる。だが同時に、スポンサー契約を結んだまではいいものの、そこから具体的にどうしたらいいのか分からないという声も聞かれる。そこで今回は、オリンピックのワールドワイドパートナーやFIFA(国際サッカー連盟)パートナーを務めるコカ・コーラ社が、いかにしてスポンサーシップを活用し、確固たるブランドを築き上げているのか、そのスポーツマーケティングの極意・前編をお届けする。(編集部注:記事中の役職は取材当時のものです)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
池田敏明

著者プロフィール 池田敏明

大学院でインカ帝国史を専攻していたが、”師匠” の敷いたレールに果てしない魅力を感じ転身。専門誌で編集を務めた後にフリーランスとなり、ライター、エディター、スベイ ン語の通訳&翻訳家、カメラマンと幅広くこなす。