(C)Getty Images
VICTORY

あと2年しかないラグビーW杯への危機感 日本開催の成功に必須なのは…?

2019年、日本で開催されるラグビーワールドカップまであと2年。「2 YEARS TO GO FESTIVAL」と銘打ったイベントが各地で始まるなど、4年に一度の祭典へのカウントダウンが始まっています。現時点で注目度が高いとはいえないラグビーW杯を盛り上げるには何が必要なのでしょう?

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(3)

  • 15
    大山 高

    帝京大学経済学部 准教授/スポーツ科学博士(早稲田大学) 2017/10/24 01:01

    たしかに盛り上がりが感じられない。来月、強豪オーストラリア代表との試合は日産スタジアムであるんですか?と私の周りは認知ゼロでした。
    南アフリカに勝ったブームを活かせなかったわけだから、収益のバランスは大事にしつつ、ラグビー界のマネジメント論に注目されて2019を迎えたいですね。「いろいろなことやってるな」を。

    もっと読む
  • 6
    大木 佑斗

    オオキ ユウト 2017/10/23 14:20

    「早く買わなきゃ!」という風に大衆を焦らせるためのコンテンツを考えるとラグビー以外のものがやっぱり良いのかなって思う。単純だけどakbやジャニーズの方と近い席でラグビーを見れる席 限定20席で1席10,000円ぐらいで抽選で販売するとか。
    あとこういったプレミアムなチケットはラグビーだけでなくJリーグやなんならオリンピックにも必要だと感じた。

    もっと読む
  • 4

    2017/10/23 08:56

    ラグビーワールドカップ2019、大会成功に向けて、経済同様に地方・地域への開発・活性化が求められます。知名度アップは急務です。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter