©Getty Images
VICTORY

バスケ男子日本代表、東京五輪へ向けた『サバイバルレース』の開始

2020年の東京オリンピック。バスケットボールの男子日本代表は、ここに出場することを悲願として業界一体となって強化に取り組んでいる。バスケットボールは『開催国枠』が保証されていない。2019年のワールドカップで世界のベスト16に入ることが求められているが、現在の世界ランキングは50位。当たり前の強化では間に合わないのは明らかな状況で、『当たり前ではない』取り組みが行われている。(文:VICTORY SPORTS編集部)

続きを読む 続きを読む

コメント(5)

  • 33
    飯沼誠司

    一般社団法人アスリートセーブジャパン代表理事 2017/11/26 12:00

    次世代の強化が進んでいることが好材料ですが東京五輪までに「世界のトップ16」に入る為に間に合うのか?興味深い。男子のバスケットやサッカーは世界でベスト30にも入れない状況。特に日本代表の強化にそれぞれのクラブチームも積極的に協力していく必要があるかもしれないですね。

    もっと読む
  • 24
    南 隼人

    株式会社Gifut代表 スポーツMC/アナウンサー 2017/10/31 13:34

    #アルバルク東京 全員がチームの中心であり、全員が代表入り確実。それでも尚ハードワークをこなし、リーグ戦でも勝利をもたらす。身近な存在ですが、尊敬しているプレイヤー達です。だからこそこの試練を乗り越え、オリンピック出場を掴み取って欲しい!!

    もっと読む
  • 1
    鈴木健一郎

    『バスケット・カウント』編集長 2017/10/30 14:35

    これだけやっても成功の保証はないわけですが(それだけ難しいミッションです)、それでも業界が一体となり全力で取り組んでいるのは間違いありません。数年前までバラッバラだったバスケ界の変化、意思統一の象徴だと思います。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter