©大地智
VICTORY

S&Cコーチ、全米で広がるその仕事内容とは? USTAコーチ・大地智に訊く(後編)

近年、テニス界ではフィジカル能力が重要視されるようになっている。全米テニス協会のヘッドストレングス&コンディショニングコーチを務める大地智氏のインタビュー前編では、その理論の概要やテニス選手に必要なトレーニングについてうかがった。後編では大地氏のキャリアを振り返ってもらうとともに、今後、需要が増えていくであろうS&Cコーチになるためには、どうすればいいのかを伺った。(文=内田暁)

この連載について

この記事は会員限定コンテンツです

登録・ログインすることで、VICTORYだけの限定コンテンツを無料でお楽しみいただけます。

コメント(3)

  • 41
    河田剛

    スタンフォード大学フットボールコーチ 2018/02/21 11:33

    日本では、それを知らない人が多い事が、恥ずかしい。アメリカでは、高校にも、アスレチック・トレーナーとS&Cコーチが必ずいる。日本のスポーツは、まず、そこから始めよう。

    もっと読む
  • 24
    佐藤ルミナ

    一般社団法人日本修斗協会理事長/修斗ジムroots代表 2018/02/11 14:32

    近年、日本でもフィジカルが重要視されS&C(ストレングス&コンディショニング)を担当するコーチやトレーナーが増えてきてるのは良い事ですが、フィジカルの数値は上がれど競技結果に直結しない場合が多々。どの競技も心・技・体、全てを上手くリンクさせないと上には行けません。大地さんの様な考えのコーチが増えてくれることを期待。

    もっと読む
  • 2
    雪下 岳彦?

    医師 2018/02/09 12:25

    S&Cコーチは、ラグビーだとお馴染みですね。エディー・ジョーンズ前日本代表監督は、常々「S&Cとメディカルは、いつも一緒」と言っていたそうです。選手のケアには、この両者が一体となって機能することが重要です!

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter