前代未聞の悪質行為の奥に見えた日本の大学スポーツの問題点

それは「ラフプレー」で片付けてはいけないと思うほどの悪質な行為でした。映像をご覧になった人も多いともいますが、プレーとはまったく関係ないところで無防備な相手にタックルに行く様は、「暴力」といわれても仕方のない行為。横浜DeNAベイスターズ前球団社長で、大学スポーツの構造改革を提言している池田純氏は、このプレーを「あり得ない」と断じ、真相究明の重要性を述べた上で、それ以上に本質的な問題があると指摘します。

「監督の指示があったなんてこともありえないことですが、指示があろうがなかろうが、このプレー起きてしまったこと自体がありえませんよね。あらゆる問題が内在されすぎていて、監督はさておき、タックルをした選手や、日大フェニックスの選手、さらには日大の学生、日大ブランドにまで波及は大きく、“学生がかわいそうだ”と思わざるをえません。ものすごく根深い問題だと捉えています」

世間の声は「加害者」側である日本大学側に非難の声が集中していますが、池田氏はこの問題はそれ以上に複雑で、考えるべきことが多々あると言います。

「監督が悪いんじゃないかとか、選手が悪いんじゃないかとか、監督が指示したとか、選手は監督から言われたとか、真相究明も大切ですが、こうなると刑事事件として扱うしか道がなくなってしまいます。刑事事件になった場合、その後の大学スポーツの発展のための構造改革に議論が進むのか、大学スポーツ界の手を離れすぎてしまうことを懸念せざるをえません。その後、いかに大学スポーツの現状の構造を体系的に把握し、本質的にこの問題を捉え、構造改革を成し遂げることができるか。たとえ問題が複雑で時間も労力もかかったとしても、それこそが、現代にふさわしい構造への大転換に向けて、大学スポーツ界の旧来型の構造から正しく発展していくための改革につなげることができると考えています」

この“事件”を受けて池田氏は、旧知の仲であるアメリカで活躍するアメリカンフットボールの日本人関係者と連絡を取ったそうです。

「アメフトの世界はもちろん、大学スポーツについてもよく理解している方に話を聞きましたが、『アメリカでこういうことが起きた場合はどうなりますか?』と聞いた時の答えが、まさに日本の大学スポーツ、大学スポーツ界に構造的な問題があるという証でもあるなと感じました。彼は『池田さん、そんなこと聞かれても答えようがありませんよ。だってアメリカだったら、まずこんなことは現在では絶対に起きませんから』と言っていました」

アメリカンフットボールの本場であり、NCAA(全米大学体育協会)という大学スポーツを統轄する組織がしっかり機能し、かつスポーツの文化、仕組みが確立されているアメリカでは、こんなプレーは起こり得ないといいます。

「彼は『(もはや現在では)想像もつかない』と言っていました。学生も監督もこんなプレーをやったら、ましてや指示なんてしたら、どういうことになるかわかっている。NCAAやリーグには、第三者の立場から客観的に裁定を下す権威があり、どのような処分や裁定がなされるのかが明確で、どれくらいとんでもないことになってしまうか、こうした構造を理解した上でプレーしている。権威がどこにあるかといった構造を理解している。だから絶対に起こらないんだそうです」

アメリカでもし万が一こんなことが起きたら、まず選手は即退場。アメリカのスケジュールでいえば土曜に試合があって、2日後の月曜にはアメフトの統括協会から裁定が出て監督と選手の処分が決まっている。日本の現状のように、各大学がそれぞれの対応をして、何の処分もないまま時間が過ぎていくというのはあり得ないというのが、アメリカの現場をよく知る人の声です。

一方日本では、協会、連盟の対応としては監督が集まり、共同宣言を出した程度にとどまっています。

そもそも存在しない客観性 裁定を下すのは誰?

池田氏は、こうした声を踏まえて、日本の大学スポーツの構造的な問題、現在も連綿と続く旧来型の構造の問題を指摘します。

「まず、アスレチックデパートメントという、大学ごとに各スポーツ部(体育会)を一元的に管理する組織が大学側にも必要です。日本ではまだあまり知られていませんが、アメリカの大学には当たり前のようにあります。その組織では、大学内のしがらみ以上に、NCAAやリーグの理念などを大切にし、大学のスポーツ発展という目線で判断、意思決定、運営がなされています。大学のスポーツ目線で、内外に連携をとる構造があり、今回の日大でのようなことも起こりにくい。日大の今回の対応をみても、内向きなのは明らかです」

日本では不祥事や体罰、最近話題のパワハラがほぼ表に出ることがありませんでした。内部告発があっても、責任の所在ははっきりせず、連帯責任で曖昧になってしまうことも少なくないのが現状です

「しかも、大学との連携というよりも個別の競技の上下関係で成り立っている部活内の構造はさらに内向きです。あらゆる構造が内向きで、その中の人間関係などもがんじがらめです。しかもそれが自浄作用どころか、悪い方向に判断が働く場合もあります。各部の活動は各部が把握しており、大学側から統括管理されていない可能性が高いわけです。アメリカでは真逆の構造で、各大学の他にNCAAが、アメリカ全土の大学スポーツを管理しています。権威の構造が真逆なんです」

客観性を持つ統括団体ということでいえば、ちょうど日本でも「日本版NCAA」設立にスポーツ庁が乗り出している最中です。

当該監督やコーチが謝罪、辞任を表明するなどの動きはありましたが、「指示した、指示していない」という個別の問題や、日本大学アメリカンフットボールの体質的な問題、監督の個人的な問題で片付けられてしまう可能性は低くありません。試合を主催した関東学生連盟では、規律委員会を設置して、関係者からヒアリングを行うなどの調査を進めていますが、個別の対応の前に、競技団体、大学スポーツ全体を監視、統括して行く組織の存在こそが、顕在化していない問題のあぶり出しや根源的な再発防止策につながるはずです。

<了>

取材協力:文化放送

****************************
文化放送「The News Masters TOKYO」(月~金 AM7:00~9:00)
毎週木曜日レギュラー出演:池田純
****************************

「The News Masters TOKYO」の公式サイトはこちら

日本版NCAA設立に待ち構える多くのハードル。間野義之×池田純(1)

2017年3月、文部科学省は国内の大学スポーツを統括する「日本版NCAA」を2018年度中に創設する方針を発表した。現実的に「日本版NCAA」を創設するためには、どういった準備が必要になってくるのか。早稲田大学スポーツ科学学術院教授の間野義之氏と明治大学学長特任補佐スポーツアドミニストレーターの池田純氏に、現状や今後の課題を伺った。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

「稼げない」大学スポーツをどう変える? 小林至×池田純(前編)

成長産業として大きな潜在能力を持つ大学スポーツ。その秘められた可能性を一気に現実のものとする試みとして注目されているのが、2018年度中の創設を目指す「日本版NCAA」だ。事前審議会である「大学スポーツの振興に関する検討会議タスクフォース」の座長を務めた江戸川大学教授の小林至氏と、明治大学学長特任補佐スポーツ・アドミニストレーターの池田純氏。「日本版NCAA」を推進する上で欠かせないキーマン2人にお話を伺った。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

大学スポーツは“無法地帯”か。日本版NCAAが絶対に必要な理由。

文部科学省が、国内の大学スポーツの関連団体を統括する「日本版NCAA」を2018年度中に創設する方針を発表したことはすでにお伝えしたとおり。日本に馴染みのない組織だけに、その必要性がどの程度のものなのか、まだわからない読者の方も多いのではないだろうか。今回は、PROCRIXであり帝京大学准教授(スポーツ科学博士)である大山高氏に、大学で教鞭をとる人間の立場からみた必要性を語っていただいた。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

「日本版NCAA」は日本の大学教育そのものを変える

スポーツ関連事業を展開する株式会社ドーム代表取締役にして、法政大学アメリカンフットボール部監督の安田秀一氏が明かす、「日本版NCAA」のビジョンとは。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

なぜ筑波大はアスレチックデパートメント設立へ動くのか 永田恭介学長が語るスポーツの重要性

8月1日、筑波大学はアスレチックデパートメント設置準備室の立ち上げを発表した。過去にはトップアスリートの走り方の改善も行った実績もある同大学の永田恭介学長に、大学にスポーツが必要な理由を伺った。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

池田純(ベイスターズ前社長)が挑む大学スポーツ改革。「日本はまだスポーツの発展途上国」

明治大学の「学長特任補佐」に就任した池田純氏。横浜DeNAベイスターズを変えた池田氏は、大学スポーツをどう変えようとしているのか。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

2018年度中に日本版「NCAA」を創設へ 文科省が方針を発表

アメリカの大学約1200校が加盟し、放映権料を中心に年間で1000億円の収益を上げている全米大学体育協会(NCAA)。文部科学省は、国内の大学スポーツの関連団体を統括する「日本版NCAA」を2018年度中に創設する方針を発表した。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

なぜ大学のアメフト部が60億も“稼げる”のか? 河田剛氏に聞く米国カレッジスポーツ驚異の構造 vol.1

すべてが桁違いのアメリカンスポーツ産業のダイナミズムは、アマチュアの大学スポーツにおいても際立っている。スタンフォード大学アメリカンフットボールチームでオフェンシブ・アシスタントを務める河田剛氏に、米国のカレッジスポーツの儲かり続ける「夢のビジネスモデル」についてお話をうかがった。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

アメリカ大学スポーツの現状とは? 日本人初のNCAAアメフト公式戦プレーヤー・庄島辰尭×池田純

アメリカの名門カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のアメリカンフットボール部に所属する庄島辰尭選手。NCAA(全米大学体育協会)1部校の公式戦で、初めてプレーした日本人でもある23歳に、前横浜DeNAベイスターズ社長の池田純氏がインタビューを行い、アメリカの大学スポーツの現状を聞いた。

VICTORY ALL SPORTS NEWS
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部