(C)UGA
VICTORY

北川ひかるは、どう「けが」と向き合ってきたのか? 全てはなでしこジャパンで戦うために

北川ひかるは、U-17ワールドカップで優勝、U-20ワールドカップでは3位と躍進するチームの主力として活躍し、10代の頃から将来を嘱望されていた。度重なるけがに泣かされながらも、「いなきゃいけない場所」へと戻るため、彼女は前へと進み続けている――。(取材・構成=馬見新拓郎)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 0
    河田剛

    スタンフォード大学フットボールコーチ 1日前

    彼女のようなアイドル的な女性アスリート、且つ中身、つまりアスリートとしての能力が高い選手の活躍が、その競技の発展につながることは、素晴らしい事。何度も繰り返しますが、【一つの事をやり抜くことが美学】の日本スポーツ界、髪型の強制や恋愛の制限等、女性であることとアスリートであることの両立が許されないケースも多く見受けられる。北川選手が、ジャニーズ系のアイドルと結婚して、子育てをしながら、日本代表として活躍する。そんなスポーツ社会が来ないかなぁー・・・

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter