(C)Getty Images
VICTORY

大谷翔平が受けたトミー・ジョン手術とは? 真の問題は「肘」故障の原因にある

エンゼルスの大谷翔平投手が、シーズン終了後の1日にロサンゼルス市内で右肘の靭帯再建手術、通称トミー・ジョン手術を受け、無事成功したと報じられています。先月5日(日本時間6日)に受けた精密検査で新たな損傷が判明していた大谷選手ですが、手術という選択。大谷選手の今後も気になるトミー・ジョン手術と頻発する投手の肘のケガについて考えます。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(2)

  • 6
    中野崇

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 6日前

    「手術の成功」「復帰」の定義にもよりますね。
    患部の治癒と実際のパフォーマンス発揮は別の考え方が必要です。
    肘にオペが必要になるような負荷の蓄積が起こる投げ方や環境が改善されない限り、やはり根本的な解決にはなりません。

    もっと読む
  • 0
    河田剛

    スタンフォード大学フットボールコーチ 1日前

    日本の宝、野球界の宝、100%の状態で復帰して欲しいですね。手術も、特にその後のリハビリも、アメリカでやる方がいいでしょう。日本のスポーツ医学とは比べ物にならないぐらい、完治も復帰も早いです。間違いなく。日本の優秀なスポーツ医学やリハビリの専門家が、大谷選手の手術や復帰プロセスをオブザーブさせてもらえたらいいのに。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter