「友達に誘われてという理由で」バスケットボールを始めた理由

―バスケットボールを始めたきっかけを教えてください。
石井:最初は地域のサッカークラブに所属して、小学3年生まではサッカーを本気でやっていました。小学4年生から学校の部活動に入る時期になった時に、サッカー部に入ろうと思っていましたが、クラブチームで仲良かった子が転校してしまったり、クラブチームでやるから部活には入らないという子が多かったりして、一緒に入る友達がいなくなってしまいました。そこで「どうしよう」と思っていたら、サッカー関係なく仲良かった友達に、「一緒に行ってみない」と誘ってもらって、バスケットボールを始めました。

―珍しいケースですね。
石井:深い理由がまったくなく、友達に誘われてという理由で始めましたね。

―それでここまで上り詰めるのはすごいですね。
石井:きっかけはどんな時に訪れるかわかりませんね。父親が中学生の時までバスケを部活でしていたので、自分の中でバスケという競技は身近な存在で、抵抗なく入ることができたのもあります。最終的に「どうするか」と家族会議をした時に、母親が「サッカーでは服がドロドロになってしまって、洗濯が大変だ」と言っていて、幼いながらに母親を思って、室内競技にした部分もあります。

―サッカーからバスケに変わった時はいかがでしたか。
石井:サッカーとバスケは通じるものがあって、すんなり入りやすかったです。あとは単純に高いところにあるゴールに入れることが楽しくて、すぐにハマりました。その時は6年生の先輩たちがうまくて、市では負けなしでしたし、県大会でも勝っているような先輩たちで、勝つ試合ばかり見ていたので、より楽しかったですね。

―純粋に楽しんでいたのですね。
石井:そうですね。うまい先輩と1対1をして、チャレンジできるのが嬉しかったですし、毎日新鮮な気持ちでできていました。

プロになるような人たちはいつから競技を始めているのか

―プロになった選手では小学生から始めた選手は多いですか。
石井:小学校からの人もいますし、高校から始めてプロになった選手もいます。

―特別遅いわけではないのですね。
石井:遅くないですね。小さくて、ガードポジションやハンドリングがうまい人は小学1年生くらいからやっている子が多いですが、そこまでスキルを要求しないポジションや、身体能力が秀でた選手だと、始めるのが遅くてもプロになれる可能性があります。

―ガードのベンドラメ選手は小さい頃からやっていますか。
石井:小学2,3年生からやっていると言っていました。

―石井選手が所属していた学校は強豪校だったのですか。
石井:弱くはないですが、毎年強いわけではなくて、僕が入った時の6年生とその1個上の先輩たちが強かったです。

―強い先輩たちに囲まれている中で、石井選手のレベルはどのくらいでしたか。
石井:僕はまったく試合に出ていませんでした。ユニフォームも来ていなくて、ベンチの後ろで応援団をしていました。

―6年生の時までそうでしたか。
石井:4年生の時はベンチに入れなくて、4年生の終わりに転校しました。5年生の時にその学校のバスケ部に入ったのですが、その部には6年生が1人しかいなくて、必然的にユニフォームを着ることができました。相手は6年生のチームが多いので、予選も勝てずに、負けしか経験していない記憶があります。

―ずっと勝っていたチームから負けばかりのチームに移動した時の心境を教えてください。
石井:悔しさや、「なんでだろう」という葛藤はありましたが、バスケのことを嫌いになることはありませんでした。「5年生の同じメンバーでやっていたら、6年生になったら勝てるかもしれない」という楽観的な気持ちを持ちながらやっていましたね。

―初めてユニフォームを着て試合に出た時のことは覚えていますか。
石井:初めての試合は4年生で、4,5年生だけの新人戦があって、転校前の学校でユニフォームを着て出た記憶がありますが、まったく良いプレーはできませんでした。

―最初からうまくできたわけではなかったのですね。
石井:僕はどのジャンルのデビュー戦もあまり良くないですね。

PasYouでビデオメッセージをリクエストしよう!

憧れの選手から『あなただけ』に向けた完全オリジナルメッセージが届きます。ファンの方のリクエストをもとに、1つずつビデオレターを撮影いたします。(一本およそ60秒程度です。)特に、下記のようなリクエストが集まっております。

『毎日頑張る子どもにメッセージを贈りたい!』
『友人の誕生日にメッセージを贈ってあげたい!』
『大事な試合に向けて、自分のことを鼓舞してほしい!』

石井講祐|僕からあなたに贈るビデオメッセージ

誕生日やお祝いごとのメッセージ、お子さんや友人を鼓舞したり、励ましたりするメッセージ、自分への応援メッセージなどが届く!

PasYou(パスユー )|『あなただけ』に贈るビデオメッセージ

■PasYouのTwitterでは随時、選手へのインタビュー記事を投稿しています。不定期的に選手のサイン入りユニフォームなどが当たるプレゼント企画などもやっていますので、是非フォローしてみてください!

■Twitterタイムライン

■Twitterフォローボタン

石井 講祐選手のnoteはこちら!

石井講祐(ishii kosuke)|note

プロバスケ選手 Bリーグサンロッカーズ渋谷所属千葉県船橋市出身日々のメンタルの整え方、トレーニング、食事、書籍紹介、プライベートな事など思いつくままに発信していきます!

note(ノート)
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部