©共同通信
VICTORY

日本ラグビーを支えた東西の聖地の「これから」

2年後に迫ったラグビーW杯と2020年の東京五輪開催により、「聖地」といわれる東西のラグビー場が狭間に立たされている。東の秩父宮、西の花園の近況と今後を占う。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 1
    岡野 宏宣

    現在 本当のフリーランス 2017/04/26 22:06

    「秩父宮」の問題は大きい。近郊にあるスタジアムはJリーグとの兼ね合いで芝の保全が難しくなる。熊谷ラグビー場はアクセスの不便性で古くからのラグビーファンに金銭的、時間的負担が掛かる。日本ラグビー界の聖地の今後について、もっと危機感を持たなくては。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter