(C)荒川祐史
VICTORY

「スポーツビジネスの優位点は“情熱”にある」ジム・スモール(MLB JAPAN ヴァイスプレジデント)

「2020年の先を見据えた、スポーツの未来を考える」をコンセプトに、スポーツをビジネスとして考え、実行に移せる人材を輩出していく学びの場『Number Sports Business College』。第11回となる講義でゲストに迎えられたのは、MLB JAPAN ヴァイスプレジデント アジアパシフィックを務めるジム・スモール氏だ。メジャーリーグベースボール(MLB)国際部門、メジャーリーグ球団のPR、ナイキのグローバルマーケティングとスポーツビジネスにおけるさまざまな領域で仕事をしてきたスモール氏は、自身がこれまで仕事をしてきたなかで、最も大切にしてきたものは“パッション”だと語った。(取材・文=出川啓太 写真=荒川祐史)

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(8)

  • 27
    南 隼人

    株式会社Gifut代表 スポーツMC/アナウンサー 2017/11/06 10:33

    お金も知識も技術もない、そんな人が成功するために必ず必要なものが『情熱』。さらに『自分は運がいい』と言えること。自分自身そう思ってきました。特に勝敗がつくスポーツに至って、どのような場面でも『運』を引き寄せられるのは勝負師に必要な要素。

    もっと読む
  • 6
    西岡明彦

    株式会社フットメディア代表取締役/スポーツコメンテイター 2017/11/08 06:54

    ”パッション”は、仕事をしていく上で重要なキーワードですね。
    スポーツが好きだから、その魅力を伝えたい。もっと大きな感動を与えたい。
    その気持ちがなければ務まらない仕事だと感じています。

    もっと読む
  • 5
    佐藤ルミナ

    一般社団法人日本修斗協会理事長/修斗ジムroots代表 2017/11/12 22:16

    こんな人が格闘技業界にも増えて欲しい。“情熱”はあるけどビジネスが下手な人が多いので(笑)

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter