©VICTORY編集部
VICTORY

スポーツ好きではなく、真のビジネスパーソンを。ビズリーチ・南社長が語る人材育成

さる7月5日、『プロスポーツビジネス 私たちの成功事例』(東邦出版)の出版を記念し、同書に登場するスポーツビジネスのキーマンが出演するイベントが行なわれた。モデレータとなったのは、UEFAチャンピオンズリーグに携わる初のアジア人として知られる岡部恭英氏。この記事では、04年、楽天イーグルスの立ち上げに関わり即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」 (http://bizreach.jp)や求人検索エンジン「スタンバイ」(http://jp.stanby.com)などを運営する株式会社ビズリーチの代表取締役南壮一郎氏代表取締役社長・南壮一郎氏のパートをほぼ全文お届けする。火の出るような、ほとばしる情熱を感じる圧倒的な熱量。テキストからでも、その熱さを体感いただきたい。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(13)

  • 106
    小林至

    江戸川大学教授 元福岡ソフトバンクホークス取締役 2017/10/08 13:08

    楽天のときから、聡明さとヒトをひきつける魅力が光り輝いていたことを憶えています。スポーツビジネス業界の大きな課題は、南さんのような優秀な方が留まってもらえるようになることだとあらためて感じる次第。

    もっと読む
  • 59
    森本美行

    fangate(株) 代表取締役/四国アイランドリーグplus運営会社IBLJ(株)会長 2017/10/08 11:49

    自分も南さんの仰るようにスポーツで仕事をしたいと希望する学生には、一度一般企業でビジネススキルを学ぶことを勧めていました。
    それは、以前のようにスポーツ業界の受け口が限らていて、現在のようにスポーツの産業化とかビジネス面でスポットライトが当たる前の事です。
    現在は、野球で言えばソフトバンク、楽天、DNA等今のビジネスシーンでの成功している企業による新しい風がスポーツの世界にも吹き、その流れに乗るような形で広島や日ハムが次々とスポーツビジネスにおける革命を起こしている最中だと思います。Jリーグ、Bリーグとスポーツ業界そのものが活発になってきています。その状況で5年間をスポーツ以外の企業で修行するというのは時間的な意味でも、成長の火をつける瞬間に立ち会う機会という意味でももったいないと思います。
    今こそ優秀な学生、企業人はスポーツの世界で実績を上げる、時にはその実績を元に一般企業の新規事業部から声がかかるというようなこれまでと逆の循環が起きても良いと思います。またスポーツ業界がそういう存在であることを願っています。

    もっと読む
  • 19
    サワヤマ

    2017/10/07 20:24

    読むだけで目から炎が出そうなほど、ものすごく熱いビズリーチ・南社長の講演です。ものすごく熱いです。2回言うほどの凄み。誰かを感化せずにはいられないエネルギーです。ボリュームも半端ないので、お時間ある時にゆっくりお読みください。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter