(C)The Asahi Shimbun/Getty Images
VICTORY

絶対不可能と言われた買収の裏側にあった「ハマスタ物語」 前ベイスターズ社長が明かす“ハマスタのドン”への感謝

2017年12月、“ハマスタのドン”と呼ばれた横浜スタジアム元社長、鶴岡博氏の訃報が届きました。鶴岡氏は、1978年の横浜スタジアム建設に尽力しただけでなく、現在「プロ野球でもっとも集客力のあるスタジアム」といわれる横浜スタジアムの「コミュニティボールパーク化構想」を横浜DeNAベイスターズ初代社長である池田純氏と共に生み出した人物でした。 転機となったのは、球団とスタジアムの一体運営化。「不可能」といわれた球団によるスタジアム買収の一方の当事者である横浜DeNAベイスターズ前社長の池田純氏が、球団社長就任以来、親交を深めてきた鶴岡氏との思い出を明かしてくれました。 (文=池田純)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(6)

  • 748
    池田純

    プロ経営者 2018/01/13 14:46

    個人的なことで恐縮ですが、私のせめてもの気持ちです。

    もっと読む
  • 214
    南 隼人

    株式会社Gifut代表 スポーツMC/アナウンサー 2018/01/15 12:28

    鶴岡さんをはじめ、スタジアムの方とはお酒を飲みながら横浜の歴史などたくさんお話をさせていただきました。記事を読むとあの頃の記憶がよみがえり目頭が熱くなります。

    もっと読む
  • 156
    浜田満

    経営者 2018/01/13 18:45

    これは必読。想いが形になるときのスピード感、勢いがすごく伝わってくる。鶴岡さん、強い想いを引き継ぐ人が現れた時は嬉しかっただろうなあ。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter