(C)Getty Images
VICTORY

4372億円の経済波及効果も外国人に依存 「日本でラグビーW杯を開催する意義」とは?

3月20日、公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会が、2019年9月20日から11月2日まで日本全国12会場で開催されるラグビーワールドカップによる経済波及効果が4372億円になると発表しました。開催まで1年半と迫り、その経済効果に期待が集まるラグビーワールドカップですが、経済的な理由以外に「日本でワールドカップを開催する意義」は、どこにあるのでしょう?

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(2)

  • 39
    南 隼人

    株式会社Gifut代表 スポーツMC/アナウンサー 2018/03/27 16:14

    ラグビーW杯の開催地は12都市ですが、『開催都市住民先行抽選販売』なるものがあるのを先日初めて知りました。となると、その都市そのものの住人を巻き込む手段が必要となりますよね。日本人に向けてのサービスや楽しみ方のガイドなど、国内興味を高めるために6月の代表戦は鍵になりそうです。

    もっと読む
  • 11
    Yasuhide Okabe 岡部恭英

    2018/03/27 19:02

    極東に位置する日本は、欧米主導時代には、地理的に不利な条件にあったので、世界の「人、物、金、情報」が一斉に集う「プラットホーム」となり得る世界的スポーツイベントは、今後どんどんやっていくべきと思います!

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter