少子高齢化「人口が減る時代」への適応を求められるスポーツビジネス

「決まったことですし、純粋にボールパークだけのことを考えると、今後が楽しみなのは間違いないので、どんなボールパークが出来上がるのか見守りたいと思います」

絶対不可能といわれた横浜スタジアムの買収に成功し、在任5年間でスタジアム稼働率を90%以上にまで引き上げた横浜ベイスターズ前球団社長、池田純氏は、日本ハムファイターズの新球場構想に期待を寄せつつ、球団、スタジアム経営や地域密着の難しさを知る経験者としてエールを送ります。

「ボールパーク化は夢のある話ですから、どんどんやってもらいたいというのが私個人の思いですが、これからの時代のスタジアムを軸にしたビジネスという視点で考えると、日本ハムのケースに限らず、いくつかの課題があると思います」

池田氏が挙げた「懸念」に、日本の消費全体に関係する問題があります。
「どのビジネスでも意識しなければいけないことなので、『何を今さら』といわれるかもしれませんが、やはり少子高齢化の問題は避けて通れません。アメリカでも人口が減ってきていることを踏まえて、『球場に人を呼ぶ』というビジネスが中心の時代はもう終わりを迎えているといわれています。プレーオフやワールドシリーズなど、日本でも報道されるような重要な試合はスタンドが埋まっていますが、毎試合同じように埋まっているかというと苦戦しています。あんなに人気だったNFLもスタジアムの集客には陰りが見えていると報じられています」

池田氏は、アメリカのスポーツビジネスの本流はすでにスタジアム集客型から脱却し、次の段階に移行していると言います。

「球場で観戦するお客さまを軽視するという意味ではなく、観客を球場に集めるというタイプのビジネスは頭打ちになってきているということだと思います。今後もライブエンターテインメントの価値は高まっていくと思いますが、全体を考えればビジネスの本流はグローバルな放映権ビジネスにシフトしています。球場に足を運ぶ人が減る分、テレビやOTTを使った配信など、テクノロジーを活用してファンエンゲージメントを実現しようというのがアメリカのスポーツビジネスの方向性のように感じています」

急激に少子高齢化が進む日本ほどではないにしても、欧米の先進国はいずれも少子化、高齢化が進んでいます。人口が減っていくフェーズにあって、以前のように球場への観客動員数をベースにした収益モデルに発展性があるかといえば、それだけでは苦しいといわざるを得ません。

在任5年間で90%超の稼働率を実現し、横浜スタジアムを「人の呼べる球場」にした池田氏の言葉だけに、こうした観客動向の変化の見通しには説得力があります。

新球場建設という大きな投資を回収できるか?

日本ハムの試算では、全体の建設費を500~600億円と見込んでいます。これだけの投資額となると、集客型のモデル以外にもさまざまな構想を紐付けて発展させていく必要性があります

「2023年に完成を目指すなら、いまの最先端ではなく、5年後の最先端を詰め込んでやらなければ新鮮さもありません。ドーム球場を造るという建設費のほかにもいろいろなコストがかかるものと考えられるでしょう」

新球場構想で避けて通れないのが、建設コストの回収、完成後の採算の問題です。すでに池田氏が指摘しているように、日本人の人口が減少し、野球ファンの数を爆発的に増やすことが難しい時代を迎え、スタジアムの収益に楽観的な数字を持ってくることはできません。

「球団経営全体で考えると、どんなにうまくいっても複数年での平均の安定的な最終利益は毎年10億、20億円といったところだと思います」

かつてのベイスターズのように自前の球場を得て自立した経営を目指すということが日本球界のトレンドとなっていることに疑う余地はありませんが、新球場を一から建設するとなると、投資額の回収は容易ではありません。

今回、新球場の建設地に決まった北広島市は土地の無償貸与、球場などの公園施設の固定資産税、都市計画税を10年間免除するなどの優遇措置を発表していますが、池田氏によると「アメリカだと建設費を半分出す例もある」と、負担軽減も決して好待遇とはいえないと指摘します。

「北広島市と真駒内で検討されて、最終的に北広島市に決まったと聞いた時、『やっぱりな』という思いはありました。事前に何か聞いていたわけではありませんが、報道を見ていて、北広島市と日本ハム球団の関係が深まっていくような空気を感じました。結果的には固定資産税10年という点も大きかったと思いますが、いずれにしても北広島という選択は良かったんじゃないかと思っています。ただ北海道全体の経済のことを考えれば、廃止されるわけではない札幌ドームの維持費という問題も残ります。北海道の人にとってみればこちらも活用してほしいという思いはあるでしょうし、地域経済が疲弊するようでは日本ハムにもデメリットがありますよね」

「近くて遠い」北広島との心理的距離を縮める

球場が「どこにあるかも重要な要素」という池田氏は、球団と北広島市の関係性に未来を感じると同時に、現段階での“距離感”については、改善の余地があると指摘します。

「行ったことがある人はわかると思いますが、北広島はたしかに空港からは近い場所にあります。アクセスに関しては、物理的な距離は近いので、交通網が整備されれば大きな問題にはならないと思います。ただそれ以上に、“心理的”な遠さの方が問題だと思います。中田翔選手が、『アウトレットがあるから』北広島は知っていると発言していましたが、これが良くも悪くも札幌と北広島の“心理的”な距離を表していると思います。中田選手は、単に『知っている』ことを挙げただけだと思いますが、隣り合っている市だと考えると、北広島市の“遠さ”が伝わってきます。マーケティングにおいては実際の物理的な距離よりも心理的な距離が重要だと言いますが、やはり現時点ではまだかなり遠いように感じます」

空港に近いというメリットからインバウンドを期待する声もありますが、やはり真っ先に見るべきは地元の熱心なファン。池田氏は、球場の熱を支える地元の人の北広島への心理的距離感を縮めることこそが急務だと言います。

「中国や台湾の人をはじめ、アジアの観光客が増えているので、彼らを取り込むことも重要ではありますが、最初に考えるべきことはそこではないと思います。球場に熱を生むためには、一見さんじゃなくて、これまで日本ハムファイターズを支えてきてくれた北海道の皆さんをどれだけ離さずに増やしていけるか、札幌ドームから北広島新球場に来てもらえるかだと思います」

いよいよ動き出した日本ハムの“夢構想”の未来は、これから日本中で進められるすべてのプロジェクトと同様に、リターンとリスク、期待と不安の両方をはらみながら進んでいくことになるでしょう。

「新球場への投資を足かせにせず、地元のファンをどう盛り上げていくのか。厳しいことも言いましたが、日本ハムの新しい試み自体は素直に応援したいと思っています。人口が減っていく時代において、野球界やスポーツ界がどう適応してビジネスを広げていくのかという観点からも注目しています」

世間でも注目度の高い日本ハムの“ボールパーク”を軸にした新球場構想ですが、札幌ドームの未来を含めた北海道全体の経済の影響やファンの納得感という課題が残ります。

「いずれにしても、一番大切なのはやはりファンの共感を得ること。共感があってこその新ボールパークです」

新球場の開業は2023年の予定。この新たな試みは、各球団のモデルケース、これからの球場づくりに一石を投じるようなインパクトを与えてくれるのでしょうか?

<了>

取材協力:文化放送

****************************
文化放送「The News Masters TOKYO」(月~金 AM7:00~9:00)
毎週木曜日レギュラー出演:池田純
****************************

「The News Masters TOKYO」の公式サイトはこちら

なぜ日本ハムは新球場を建設するのか?  壮大なボールパーク構想の全貌

29日、プロ野球の北海道日本ハムファイターズが、新球場構想に関する発表を行った。札幌市内で行われた説明の中で、責任者である前沢賢事業統轄本部長は「ここにしかない場所、道民の皆様に誇ってもらえるような施設にしていきたい」と夢の構想を語った。新球場構想は単なる球場移転の話に留まらない。球場新設に託す思い、その先にファイターズが描く夢とは? 作家・スポーツライターの小林信也氏に寄稿いただいた。(文:小林信也)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

日ハムの「ボールパーク構想」は、その後どうなっているのか? 夢球場の現在地

昨年6月に発表されたプロ野球、北海道日本ハムファイターズの新球場構想は大きな反響を呼び、日ハムファンだけでなく、プロ野球ファンに”夢の球場“誕生への期待を抱かせてくれた。あれから半年が過ぎ、球場移転問題、新球場の「ボールパーク化」構想はどうなっているのか? ファイターズが描く”夢の現在地“について、作家・スポーライターの小林信也氏に寄稿いただいた。(文=小林信也)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

誰もがマツダスタジアムに魅了される理由。設計に隠された驚きの7原則

2009年にオープンした広島東洋カープの新本拠地、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)。訪れた者なら誰もが魅了されるこの異空間は、日本のこれまでのスタジアムの概念を覆すようなアプローチによってつくられた。「スタジアム・アリーナを核としたまちづくり」が経済産業省を中心に進められるなど、今やスポーツの域を超えて大きな注目を浴びているスタジアム・アリーナ建設。今回、マツダスタジアムの設計に関わった株式会社スポーツファシリティ研究所代表取締役の上林功氏が、同スタジアムに隠された知られざる特徴と、未来のスタジアム・アリーナ建設のヒントを明かした――。(取材・文=野口学)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

なぜ日本には“使い勝手の悪い”競技場がつくられるのか? 見直すべき国体の意義

10月10日に閉幕した愛媛国体。72回目を迎えた歴史あるこの日本スポーツの祭典は、スポーツの普及という面で大きな役割を果たしてきた一方で、日本スポーツならではの大きな問題点を抱えている――。(文=大島和人)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

メジャーが驚きのARサービス導入へ! スマホをかざすだけでリアルタイムにデータ提供

今やスポーツ界の発展にとって切り離すことができなくなったテクノロジー。強化、分析、マーケティング、ファンエンゲージメント、スタジアムエクスペリエンス、エンターテインメント…。その可能性はあらゆる分野に及ぶ。今回は、MLBが来シーズンより導入予定の、昨今注目を浴びる「AR」を駆使したファン向けのサービスについて紹介する。(文=川内イオ)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

プロ野球、本当に成功しているのはどの球団? パ・リーグ編

今月31日に開幕するプロ野球のペナントレース。昨年のパ・リーグは日本ハムが大逆転で優勝を飾り、10年ぶりの日本一にも輝いた。日本ハム、ソフトバンクの2強時代が続くのか? 他の球団の巻き返しはあるのか? 各球団の編成について分析してみた。

VICTORY ALL SPORTS NEWS
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部