(C)Getty Images
VICTORY

「0対1」の敗戦は、未来へと繋がる究極の「プロフェッショナリズム」だ

FIFAワールドカップ2018、グループステージ最終戦、日本代表はポーランド代表に0対1で敗れたものの、勝ち点、得失点差、総得点で並んだセネガル代表をフェアプレー・ポイントでかわし、決勝トーナメント進出を決めた。だが、この試合における日本代表のプレーについては、国内外でも賛否が分かれている。「プロフェッショナリズム」とは何か? 「フェアプレー」とは何か? ノンフィクションライターの藤江直人氏に執筆をお願いしました。(文=藤江直人)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(2)

  • 179
    フモフモ編集長

    プロフェッショナル・スポーツ・ブロガー 2018/07/02 01:04

    ドーハの悲劇のことはずっと覚えているだろうが、この試合のことはそのうち忘れるだろう。そのことをどう評価するかは価値観次第だが。よくも悪くも次の試合にこの大会の命運を託したという意味で、その点こそが最大の賭けと言える。勝ってほしい。

    もっと読む
  • 2
    Yasuhide Okabe 岡部恭英

    2018/07/07 23:08

    「日本らしいサッカー」というナイーブなことは忘れ、リスクを侵して醜い負けによる勝利を目指した日本に、日本サッカーの成長を実感した瞬間でした!

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter