FIFAワールドカップロシア大会が開幕しても、私はいつもと変わらず、東京でデスクワークをしていた。良い処取りをしようという魂胆で6月末からのロシア渡航は決定事項の中、続く連日の好試合に酔わされ、気持ちがフライングしていたことは否めなかった。神経が麻痺し生活サイクルが狂ってしまう4年に一度のダメダメ月間、しかしそれがフットボールファンの性なのだろう。

『えっ?!まだ買えるのか??』

それは対コロンビア戦の勝利で列島の盛り上がりが爆発する前のことだった。ふとチケットの売れ行きが気になり、FIFA公式販売サイトを覗いてみて興味深い事実を眼にすることとなる。日本代表の予選3試合は綺麗に売れ残っていたのだ。
生活を切り詰めながら貯めた軍資金を握りしめロシアへ集うフットボールホリックは勿論、開催国ロシアのファンまでもが、FIFAランク60位代のアジア代表の試合にはそこまで興味がなく、高額なチケットを買ってまでしてスタジアムへ観には行かないということなのだろう。日本人としてはえぇー?! と少々寂しい気持ちになってしまうが、世界ではこれが現実なのである。

『でもチケットが買えるなら、行ってみようかな』

自らの渡航計画には組み込んでいなかった日本代表戦、しかし「現地で我らがサムライブルーを鼓舞するファンが多くないなら自ら行くしかないな」という、今更ながら勝手な使命感に駆られた勢いでチケットを衝動買いしてしまうこととなる。その後の渡航日程を早める調整をすることが大変になることなど気にもせずに。

ヴォルゴグラード行き搭乗ゲート    (C)佐々木裕介ヴォルゴグラード行きの飛行機に乗り込む日本人サポーター   (C)佐々木裕介ザビワカの置物      (C)佐々木裕介FIFA FAN FESTA前        (C)佐々木裕介試合前に記念撮影するポーランドサポーター   (C)佐々木裕介スタジアム外観風景    (C)佐々木裕介

日本代表、史上初の8強進出をかけた一戦も残券あり!?

『虫は飛んでいないが、暑過ぎる』

旅の拠点としていたモスクワから試合会場のあるヴォルゴグラードまでは試合当日、臨時便を合わせ各社延べ10本以上の直行便が飛んだが流石にどの便も満席、筆者が搭乗した朝一の便も日本人で溢れていた。
ヴォルゴグラード国際空港へ降り立った時点での気温は33℃。試合開始時にはより上昇することは想像に容易かったが、日本代表が執った試合運びが世界を巻き込み、気温以上に熱い議論を生むことになることまでは想像しい得なかった。
日本代表が攻める意思を捨て、自陣でのボールキープを始めた瞬間、スタジアムは強力なブーイングで包まれた。その殆どがローカルファンからのものだったように思うのだが、「無気力な試合を観に来た訳ではない」と言わんばかりに終了のホイッスルを待たずして席を立ち始めたファンも多かった。趣旨は違えど、それはまるで東京ドームの7回裏の光景を連想させる画であった。

筆者、いまでこそ偉そうに能書きを書かせてもらっている身だが、98年フランス大会から現地観戦を継続するいちフットボールファンでもある。
そんな私が伝えたいこと、それはワールドカップで日本代表戦を観ることは想像されている程に大変なことではないということである。確かに休暇を得るための仕事や家庭内での調整は必要だろう。しかし観戦チケットは事前手配が出来なくても意外と現地でどうにかなるものだ。航空券や宿手配然り、ネットインフラが整う今日において、探せば安価な代物と出会うこともあるからだ。

日本代表は現地時間7月2日午後9時に、ヤロスラヴリ州ロストフでベルギー代表と相まみえることとなった。この原稿を執筆している現時点では、その試合のチケットも公式サイトで絶賛販売中である。
日本サッカー史上初となる、ワールドカップベスト8の椅子を掛けた世紀の一戦、要はその歴史の証人になるにはまだ間に合うということだ。
現地へ出向き、自らの肉声で“バモ、ニッポン!”と叫びたい気持ちをお持ちであれば、先ずはFIFA公式販売サイトを覗いてみていただきたい。中には筆者と同じく、後先大変になることも考えずに衝動買いしてしまう方もいらっしゃるだろうが、それはそれで良き縁なのである。

ヴィレッジ・ピープルの名曲“Go West”の歌詞のように“西”へ飛んでみようじゃないか。そこには想像以上の満足感が得られるだろう場所があるのだから。

声高らかに国歌を歌うポーランドサポーター    (C)佐々木裕介選手入場     (C)佐々木裕介日本人から鉢巻をもらい「必勝」の意味を聞きに来たファン  (C)佐々木裕介

日本代表はアディダス優勢 ロシアW杯出場全736選手のスパイク事情

サッカーは、使われる用具が少ない競技だ。個性の出るほとんど唯一の用具はスパイクである。現在、熱戦が繰り広げられているロシア・ワールドカップ。今大会に参加している32カ国各23人、計736名の選手たちは、どこのメーカーのスパイクを履いているのか。その最大派閥は2位に大差をつけて、あのメーカーだった。(文=池田敏明)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

日本は、いつまで“メッシの卵”を見落とし続けるのか? 小俣よしのぶ(前編)

今、日本は空前の“タレント発掘ブーム"だ。芸能タレントではない。スポーツのタレント(才能)のことだ。2020東京オリンピック・パラリンピックなどの国際競技大会でメダルを獲れる選手の育成を目指し、才能ある成長期の選手を発掘・育成する事業が、国家予算で行われている。タレント発掘が活発になるほど、日本のスポーツが強くなる。そのような社会の風潮に異を唱えるのが、選抜育成システム研究家の小俣よしのぶ氏だ。その根拠を語ってもらった。(取材・文:出川啓太)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

代表正GKは、川島永嗣でしかあり得ない。専門家がみる3つの理由

川島永嗣選手は、2010年W杯以降4人の監督からサッカー日本代表正キーパーに指名されてきた選手です。巷では「ミスが多い」「技術が低い」「Jリーグにもっと良いGKはいる」等の意見もあります。しかし、山野陽嗣氏(元U-20ホンジュラス代表GKコーチ)は、「正GKは川島以外あり得ない」とまで言い切ります。どういう理由なのでしょうか?(文:山野陽嗣)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

たった一言で、170万円&スポンサー契約 トミックが全英テニスで失ったもの

全英オープン(ウィンブルドン選手権)で発した一言が原因で、170万円とスポンサー契約を失ったテニス選手がいる。モチベーションの低下で「試合に飽きた」と発言したオーストラリアのプロテニスプレイヤー、バーナード・トミック。彼はなぜそんな発言をしてしまったのか? そしてこの発言は彼にどんな影響を及ぼしたのか?

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ベルギーサッカーに学ぶ、怪物育成術。なぜ次々とワールドクラスが生まれるのか

2002年日韓W杯での対戦から15年。「赤い悪魔」ベルギー代表は、怪物の集団へと変ぼうした。チェルシーの攻撃を牽引する欧州屈指のドリブラーエデン・アザールを筆頭に、マンチェスター・ユナイテッドの前線に君臨するロメル・ルカク、マンチェスター・シティの中核としてバロンドールすら射程に捉えるまで成長したケビン・デ・ブライネ。黄金世代に加え、モナコのユーリ・ティーレマンス(20歳)のように、若い世代も育ってきている。怪物を生む育成システムには、幾つかの重要な鍵が隠されている。(文:結城康平)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
佐々木 裕介

著者プロフィール 佐々木 裕介

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営む傍ら、趣味が嵩じてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行うフリーランスライター。 また自らを“フットボール求道人”とも呼ぶ。また「スポーツ✕トラベル」の素晴らしさを伝える“スポーツツーリズムアドバイザー”としても活動中。