VICTORY

反対の声も根強い「タイブレーク制度」の成果とは? 導入の効果と改善点を探る

記念すべき100回大会も大きな盛り上がりを見せた夏の甲子園。賛否を含め議論となったのが、今春から導入された「タイブレーク制度」だ。今大会で初適用となったタイブレーク制度には、どのような成果が見られただろうか? 導入の経緯とともに考察する。(文=花田雪)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(3)

  • 25
    フモフモ編集長

    プロフェッショナル・スポーツ・ブロガー 2018/08/23 00:48

    タイブレークは受け入れられるはず。ほかの競技でも数々のタイブレーク的な仕組みが導入されたが、もつれたあとの決着方式は多少理不尽でも受け入れられる。極端な話、クジ引きやじゃんけんでもいいくらい。

    その意味では、9回までやったあとは全部タイブレークでもいい。重みづけをして決勝だけは13回までやるとか、そういうトライもあり得るだろう。イニング数を減らすのはゲーム性としてどうかと思うが、9回から先はテンポよくいきたい。

    もっと読む
  • 9
    中野崇

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 2018/08/23 05:17

    タイブレークには賛成です。
    個人的には競技としての面白さを高めていると感じます。
    このルールへの反対意見やユニフォーム制約など、甲子園大会は「高校野球はこうあるべきだ」という視点が強すぎるのではないかと感じます。
    しかもそれらは合理的、論理的でないものも多い。

    もっと読む
  • 2
    席 好位置

    2018/08/26 14:49

    WBCが11回からタイブレーク制なのだし、そろえて慣れておけばよい。
    「国代表になることは考えていない、この仲間と高3で燃えつきたい」という球児にとっても クジ引きで決めるよりも 納得できるはず。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter