(C)Getty Images
VICTORY

メジャー観客数減少は他人事ではない。求められる将来需要の掘り起こし

10月1日(日本時間2日)に米メジャーリーグベースボール(MLB)が今季のレギュラーシーズン全日程を終了しました。ロサンゼルス・エンゼルス“二刀流”大谷翔平選手の活躍、イチロー選手のシアトル・マリナーズ会長付特別補佐への就任など、日本人選手の話題が多かった今シーズンのMLBですが、観客動員では苦戦が続いているようです。 「アメリカで起きたことは日本でも起きる可能性が高い」 横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏は、MLBの観客数減は対岸の火事ではないと警鐘を鳴らします。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(4)

  • 1
    河田剛

    スタンフォード大学フットボールコーチ 2018/10/15 15:02

    原因とか構造が違うので、比べてよいものなのかという気はしますが。。。主観の域を出ませんが、アメリカの場合は、スポーツのファンの数は減ってないと思います。他のスポーツに流れている、または取られているというのが正しい表現かと思います。そこで、また競技間のファン獲得競争が生まれ、マーケットが向上していく。理想的なスポーツ社会の発展に見えます。一つの球団以外は、ネットですべての試合が視聴可能!とか、パリーグマーケティングとか、そういう言葉が存在するうちは、未来もへったくれもないでしょう。

    もっと読む
  • 1
    岡部恭英

    TEAMマーケティング (UEFAチャンピオンズリーグ) Head of Asia Sales 2018/10/19 16:49

    諸事情は異なるにしろ、「将来需要の掘り起こしが必須」なのは、日本スポーツも同様です!

    変化を恐れずに革新を続けていきましょう!

    もっと読む
  • 0
    中村武彦

    Blue United Corporation President & CEO 2018/12/22 06:49

    海外で仕事をしているとタイムマシンのように時差で日本によいことも悪いことも起きていることを目の当たりにしてきました。そういう観点から池田さんの意見に同感ですし、やはり次世代のファンの発掘がキーになると思います。例えばデジタルコンテンツを制作するスタッフに古い観点はいれないというMLSの施策など。テレビや映画は決まった時間に視聴者が観に行くコンテンツでした。今はオンデマンドで欲しい時に送られてくる時代なので、次世代向けコンテンツ制作もテレビや映画界からリクルートしないと聞きました(とはいえ、スポーツの醍醐味はやはりライブなので、テレビ中継がなくなることは絶対にないですが)。ここまでの思い切った舵取りが出来るものかどうかにかかってくると思います。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter