©GettyImages
VICTORY

ジュビロ磐田の2017年を徹底分析する 五百蔵容

ジュビロ磐田の2017年シーズンは、16勝10分8敗勝ち点58の6位という好成績に終わりました。横浜FMのレジェンドである大ベテラン・中村俊輔を獲得するなど、開幕前から話題を振りまいた磐田。J1復帰をした昨季は50失点を喫した守備が大幅に改善するなど、攻守に渡り成長を遂げています。その要因は何だったのでしょうか?(文・図表/五百蔵容)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 3
    池田敦司

    仙台大学教授 元楽天野球団取締役副社長 元クリムゾンフットボールクラブ(ヴィッセル神戸)代表取締役社長 2017/12/14 10:11

    理想を求めてもうまく行かないことは多い。しかし、結果を求めて発想を変えることはもっと難しい。来年はどう戦うのか?楽しみです。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter