開幕まで1カ月を切ったとは思えないサッカー・ワールドカップ

前回大会、2014年のブラジル・ワールドカップ決勝では10億人以上が視聴し、のべ視聴者数ではオリンピックをはるかに超える数百億人が目にするといわれるスポーツ界のビッグイベント、サッカーのFIFAワールドカップですが、ハリルホジッチ監督の突然の解任などもあり、過去の大会の同時期に比べて盛り上がりに欠ける、活気が見られないとの声が多くあります。

横浜DeNAベイスターズ前球団社長の池田純氏は、こうした空気感をサッカーの現場で目の当たりにしたと言います。

「先日、パナソニックスタジアム吹田で行われたJリーグ・ガンバ大阪対浦和レッズの試合を観戦する機会がありました。前日には日本代表候補が西野朗監督の口から発表され、この試合にも3人の代表候補選手が出場していました」

池田氏が指摘したのは、人気、実力ともにJリーグ屈指の両クラブの対決、しかもワールドカップメンバー候補に選出された選手が出場するというニュース性があるにもかかわらず、そのバリューが世間に伝わっていないということでした。

実際、この日の観客数は2万5361人で、今シーズンの吹田スタジアム開催としては、1万人台で推移した過去2試合よりも多いものの、セレッソ大阪との大阪ダービー(3万5242人)、開幕戦となった名古屋グランパス戦(2万8681人)と比べるとやや物足りない数字に終わっています。

池田氏は、ガンバのGK東口順昭、レッズのDF槙野智章、MF遠藤航と3人の代表候補が出場しているにもかかわらず、それが集客につながっていないというのが「なんとなく盛り上がらないワールドカップ」の象徴的な例だといいます。

(C)Getty Images

スポーツイベントを盛り上げるには“助走”期間が重要

「“助走”期間が重要になるのではないかと感じています。今年2月に開催された平昌オリンピックも、直前まで『本当にオリンピックが始まるの?』という雰囲気でした。それが、日本人選手が活躍したこともあって、始まってみれば連日話題の中心になった。それはそれでいいのですが、いまはどうなったかというと、ほとんどの人にとって平昌は遠い過去の話のようになっています。要するにブームになりやすいけど、ブームで終わってしまっている。私はビジネスサイドの人間ですから、大会を盛り上げるためにビジネスサイドから何ができるかという視点で常に見ているのですが、その意味では、“助走”、つまり大会や試合に向けてどうやって盛り上げていくか、サッカーのワールドカップの場合なら開幕や日本代表の試合に向けて、どうやってファンの興味・関心をマックスにして持っていくかが重要だと思います」

池田氏が観戦したガンバ大阪対浦和レッズでも、「日本代表候補選手が発表されて、これからいよいよロシア・ワールドカップが始まるぞ」という期待感やワクワク感が試合に投影されていませんでした。こうした演出や工夫は、興行としてできる努力でもあります。

「代表選手の選出やプレー・試合内容などについては、ビジネスサイドの人間が口を出すことではありません。しかし、大会自体、試合自体をどう盛り上げるかは、ビジネス面からできることがたくさんあります。極端なことをいえば、こうやって『盛り上がっていないこと』を話題づくりに活用するというやり方もあるでしょう。グッズの売れ行きが鈍いとの記事もありますが、過去の大会と比較してどれくらい鈍いのか? 逆説的ですが、そこからできることもあるはずです。まったく盛り上がっていない、無風だといっても、まだ開幕まで猶予はあるわけです。この期間でどれだけ助走をつけられるかが、今後の日本におけるサッカーの発展に関わってくるんだという気持ちでやらないといけないと思います」

(C)Getty Images

スポーツイベントを一過性のブームに終わらせないために

売り上げの出足に悩む各社も、5月30日に予定されているガーナとの親善試合から日本代表の初戦、6月19日のコロンビア戦までを商戦のヤマとみて、売り込みに力を入れているといいます。

「盛り上がっていないとはいえ、前回の開催地であるブラジルよりも物理的な距離は近いこともあり、ロシアでの観戦ツアーは売れているそうです。コアなファンはもうそこに向けて準備をしているということですよね。でも、国内でどう観戦しようかといった話題、準備はたしかに過去の大会に比べて遅い気がします。私も過去大会では仲間内でレストランの大画面で観戦してきましたが、今大会は『どうする?』『どこで観ようか?』という話題はまだ出てきていない状況です。メンバーが発表されてしまえばサプライズのような情報提供もなくなりますので、あとは周辺要素でどれだけ盛り上っていけるか。例えばですが、日本サッカー協会がお金を出してパブリックビューイングのドリンクを1杯無料にするとか、テレビで観る人たちに向けてのアピールや施策はまだできることがあると思います」

池田氏の言うように、大手旅行代理店によると、ロシアでの現地観戦ツアーはブラジル大会に比べ現時点で約4割増と好調だそうです。視聴用に4Kテレビに買い換える需要も徐々に出てきていて、深夜帯の大会になることからレコーダーも人気を集めているという情報も。代表監督をめぐるドタバタ劇や、前回大会を経験した選手が多いという、悪く言えば「代わり映えしない」、良く言えば「安定感のある」メンバーなど、さまざまに「盛り上がらない理由」も挙げられていますが、ワールドカップが4年に一度のサッカー界、スポーツ界最大のビッグイベントであることに変わりはありません。これをチャンスにできるかどうかは、日本代表の活躍だけでなく、事業面での努力、ビジネスとしての捉え方にも大きく左右されてくるでしょう。

熱しやすく冷めやすい、ブームはくるけどすぐに忘れてしまう。そんな日本人の特性もあってか、スポーツイベントは特に「瞬間最大風速」だけで風が止んでしまうことが多い傾向にあります。助走期間をいかに組み立て、興味・関心に継続性を持たせられるかが、サッカー・ワールドカップだけでなく、さまざまなスポーツイベントやその盛り上がりを一過性のものにしないために重要なのではないでしょうか。

<了>

取材協力:文化放送

****************************
文化放送「The News Masters TOKYO」(月~金 AM7:00~9:00)
毎週木曜日レギュラー出演:池田純
****************************

「The News Masters TOKYO」の公式サイトはこちら

西野ジャパンはW杯で勝てるのか わずか1カ月で組織をまとめるために必要なこと

約1カ月後に控えるロシアW杯に向けて、いよいよ西野ジャパンが始動する。他国が3年以上をかけて積み上げてきたのに対し、日本はこのタイミングでバヒド・ハリルホジッチ監督を解任。これから約1カ月の時間で、W杯を戦う準備を整えないといけない。18日には、西野朗監督が選ぶ日本代表メンバー、27名が発表された。はたして、この短期間で勝てる組織づくりは可能なのか。数多くの企業の組織づくりに携わってきた堀内賢治氏に、日本代表が勝てる組織になるためのポイントを聞いた。(文=飯間健)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

現役選手が選ぶ、W杯にふさわしいゴールキーパー像。

サッカー日本代表新監督に西野朗氏が就任したことで、選手選考には若干の見直しが行なわれる可能性が高い。その中、良くも悪くも「無風」とみられるのがゴールキーパーだ。監督が違えど、評価される基準そのものは大きく変わらない。どのような要素が決め手となるのだろうか? モンゴル・Anduud CityでプレーするGK・冨澤拓海選手(Pangea Football Academy)に、現役選手目線で語ってもらった。(文:冨澤拓海)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

ハリル解任。JFAが捨てたのは、コアファンの信頼である

2018年4月9日、日本サッカー協会は2015年3月12日より3年以上サッカー日本代表の指揮を取ったヴァイド・ハリルホジッチ監督の契約を解除した。(文:澤山大輔[VICTORY編集部])

VICTORY ALL SPORTS NEWS

予選敗退のイタリアにオランダも出場!? “裏・W杯”開催報道に見る「スポーツ」の本質

先日行われた抽選会でグループリーグの組み合わせが決定し、開幕がさらに楽しみになったサッカーのワールドカップ(W杯)。全32カ国の出場チームに目をやると、1958年以来の予選敗退となったイタリアや3度の準優勝を誇るオランダなどおなじみの強豪国の姿がないことに気がつきます。サッカー大国、有力国の敗退を残念に思うサッカーファンも多いと思いますが、ロシア大会への切符を逃した強豪国を集めた“裏W杯”が企画されているという報道があります。多くの人が「見たかった」カードが実現するかもしれないこの大会は実現するのでしょうか?

VICTORY ALL SPORTS NEWS
コロンビア、世界的なタレントを擁する攻撃陣に油断を排除する智将(ロシアW杯対戦国紹介)セネガル、セリエA最強DFクリバリ擁する難敵(ロシアW杯対戦国紹介)ポーランド、世界最高の矛と盾を持つ実力国(ロシアW杯対戦国紹介)

ドイツをW杯王者に導いたIT界の巨人「SAP」は、なぜスポーツ産業へと参入したのか?

企業向けのビジネスアプリケーションを開発・販売するソフトウェア企業として、世界最大のグローバル企業であるSAP。同社では今、ドイツ代表やバイエルン・ミュンヘン、F1のマクラーレン、MLB、NBAといった世界トップクラスのスポーツ関連組織とパートナーシップを組むなど、25番目の産業としてスポーツ産業に注力している。世界の商取引の76%は彼らのシステムを経由するといわれるSAPが、なぜ市場規模が決して大きいとはいえないスポーツ産業への参入を決めたのだろうか。そこには、ある明確な戦略があった――。(取材・文=野口学)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部