(C)VictorySportsNews編集部
VICTORY

全日本の元エースが挑む新たな世界 越川優が見据えるビーチバレーの未来とは?

2017年1月、当時32歳の時にビーチバレーボールの転向を発表した越川優。その視線の先にあるのは、2年後に迫る東京オリンピックだ。デビューシーズンでは、瞬く間に国内トップに上りつめ、日本代表として世界を転戦。一歩一歩、着実に目標への階段を上がっている越川に、転向してからの1年、東京オリンピックへの想いを聞いた。(文=吉田亜衣)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(2)

  • 80
    フモフモ編集長

    プロフェッショナル・スポーツ・ブロガー 2018/07/31 00:44

    まだまだできる。少なくとも東京五輪を狙うという意味ではまだまだ戦える。日本代表として五輪2大会に出場し、記事中にもある朝日氏とのペアを組んでいた白鳥勝浩選手は41歳いまだ現役で、越川ペア、石島ペアとも現在進行形でしのぎをけずりあっている。30代、まだまだ若い。

    東京を目指して本気で戦う越川さんやゴッツを見られることは、素直に嬉しい。北京の雪辱、めぐりめぐってはたしてほしい。

    もっと読む
  • 15
    長谷川晶一

    ノンフィクションライター 2018/07/28 21:43

    北京五輪の際に、手に汗を握って越川選手を応援していたことが、懐かしくよみがえりました。北京全敗を経て、「オリンピックに行くだけでは(人生は)変わらない」という発言が印象的です。彼は明確に否定しているけれども、「インドアでのピークを迎えた選手がビーチに転向する」という印象は、いまだに根強くあるのも事実。そうした状況にくさびを打つことができるのか? インドアとビーチを知る男として、2020年に期待します。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter