(C)Getty Images
VICTORY

MLSの成功は“本物”か? 注視すべき現在地と2つのポイント

今、日本スポーツ界で大きな注目を集めているMLS(メジャーリーグサッカー)。チーム数は拡大の一途をたどり、往年のスター選手が集結し、観客動員数も順調に伸ばしている。「サッカー不毛の地」と呼ばれていたのはもはや過去のことのように思える。だが、MLSは現段階で、本当に成功しているといえるのだろうか? いまいちどMLSの現在地と、“本物の成功”を収めるための2つのポイントを確認したい。 (文=谷口輝世子)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(3)

  • 1
    佐藤ルミナ

    一般社団法人日本修斗協会理事長/修斗ジムroots代表 2018/11/23 18:42

    成功の秘訣は加盟料や放映権などの絶妙なバランスか?日本の格闘技界でも参考になりそうなので今後の動きが気になります。

    もっと読む
  • 30
    Yasuhide Okabe 岡部恭英

    2018/11/18 22:00

    「①W杯チケットを一番購入している国」、

    「②W杯放映権を一番払っている国」、

    「③サッカー選手(プロアマ含め)登録数が一番多い国」

    は、ど~こだ? 

    答えは、「アメリカ」です!

    MLSというよりも、国自体に、スポーツ、メディア、そしてサッカーの強~い基盤があるので、MLSは成長し続けると思います!

    Jリーグも頑張って、欧州、南米と伍していく、第三のハブとなりましょう!

    もっと読む
  • 0
    坂本 英明

    元日本サッカー協会認定 選手代理人 2018/11/27 12:33

    170億払っても参入したい都市やオーナーがいる、この点だけでも日本とは投資環境が全く違う。降格がない事で収益を安定させ、戦力均衡の仕組みでクラブを均質化するアメリカ型。
    一方、降格があるヨーロッパ型は優勝争い以外にもドラマがあり、クラブには個性がある。Jクラブはもっと個性があっていい。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter