「嫌でたまらなかった」競技を始めた頃

―最初に始めた競技は何ですか。
太田:レスリングです。

―レスリングはいつ頃始めましたか。
太田:小学1年生の3月です。

―きっかけはありますか。
太田:父親に「遊びに行くぞ」と連れて行ってもらったのが、ちびっ子レスリング教室でした。遊びに行くはずだったのに、レスリングを始めさせられましたね。

―当時の心境を教えてください。
太田:最初は見学していたのですが、「やるか」と言われてやりました。僕は幼稚園から相撲をやっていたので、いきなり全国2位の子をタックルで倒してしまったみたいで、父親に、「才能あるからやりなよ」と言われて、嫌だったので「うーん」と答えたら「やるんだな」と言われて始めさせられました。

―なぜ嫌だったのですか。
太田:レスリングのことを知らなかったですし、楽しそうとは思っていませんでした。

―お父さんはレスリングをやっていましたか。
太田:父は高校の時にレスリングをしていたのですが、怪我で大学に進学ができなくなってしまって辞めたらしいです。

―そういった影響もあって連れて行かれたのですね。
太田:そうですね。なんで連れて行かれたのかはわからないです。はめられましたね。

―相撲は楽しかったですか。
太田:相撲も楽しくはなかったです。まわしを父親からプレゼントされて、「練習に行くぞ」と言われて、嫌だったので泣いて断ったのですが、「まわし捨てるぞ」と言われました。別にまわしはいらなかったのですが、もらった物を捨てられるのは嫌だなと思って、大泣きしながら連れて行かれました。

―漫画みたいですね。
太田:その時に「捨てていいよ」と言える子だったら、今こんな感じになっていませんね。

―相撲もレスリングも嫌々やっていましたか。
太田:相撲もそうですし、レスリングも小学6年生くらいまで嫌々やっていました。1日5時間くらい練習していたので、毎日泣いていました。

―そんなに練習するのですね。
太田:嫌でたまりませんでしたが、試合には勝ちました。1日5時間も練習している選手はいなかったので、負けはしなかったです。全国大会でも5試合で全部合わせても3分くらいしか時間がかかりませんでした。

―普通はどのくらいかかりますか。
太田:1ラウンド2分か3分くらいなので、1試合分の時間で5試合を終わらせました。圧勝続きで負けたことがなかったですね。

「父親への恐怖で」競技を続けられた理由

―最初に入ったレスリング教室は強かったですか。
太田:僕含めて、オリンピックメダリストを2人出している教室でした。ロンドンオリンピックで金メダリストの小原日登美選手を輩出しているところです。

―お父さんは真剣にやってほしいと思っていましたか。
太田:父親の母校のレスリング道場を借りてやっているレスリング教室だったので、母校でやっているからという理由が大きかったと思います。週2回しか練習がありませんでしたし、強くなろうというより、楽しくレスリングをして、基礎体力をつけようという教室だったので、真剣にという意味ではなかったと思います。でも、その代わり、親が家に道場を作って、毎日5時間練習させられました。

―小学生の時のスケジュールを教えてください。
太田:土曜日と日曜日はちびっこクラブで1時間ちょっと練習があり、月曜日から金曜日までは親が作った道場で5時間練習をしていました。僕にとって、土日がブレイクタイムでしたね。

―平日はきつい練習でしたか。
太田:普通、小さい子は「楽しい」という気持ちで始めると思うのですが、僕はまったく「楽しい」と思いませんでした。父親が3時くらいには仕事から帰って来ていたので、小学校から帰ったらすぐに練習が始まりました。練習をしたくなさすぎて、片道20分くらいの通学路を帰りは1時間半くらいかけて帰っていましたね。僕は父親の車のエンジン音を聞くだけで蕁麻疹が出るくらい嫌でした。

―そんなに嫌だったのですか。
太田:嫌でした。タックルや技術練習のような基礎練習を3時間、スパイクなどの実戦練習2時間やっていました。

―なぜ続けられましたか。
太田:父親への恐怖ですね。レスリングをしている時だけ怖かったです。それ以外は友達のように接することができる人でした。

―何か覚えているエピソードはありますか。
太田:小学3,4年生くらいから反抗期が始まって、いろいろなことに反抗したら、ストーブにかかっているやかんが飛んできました。父親は身長が180cmくらい、体重80㎏くらいあって、トレーニングもしていたので、ガタイが良くて、一人用のソファを片手でぶん投げられたこともあります。

―恐怖ですね。
太田:今の時代は問題になってしまいますが、手も出されてボコボコにされていましたね。

―反抗した時以外ではありましたか。
太田:反抗した時以外は怒りませんでした。教えてもらったことができなくても怒られたことはありませんでしたね。姉と戦って、僕が負けて八つ当たりをしたり、「こうしろ」と言われたことに対して、何か反抗したりした時に怒られていました。

<前の記事 【太田忍インタビュー】Vol.2 「次の1歩を踏み出せるように」ファンに届けたいこと

VICTORY [ビクトリー]は、スポーツをより深く楽しむために、新たな視点を読者に提供するメディアです。野球、サッカー、バスケ、ゴルフ、テニスなどの主要スポーツだけでなく、今はまだ国内においてマイナーとされているスポーツも随時取り上げています。また、ProCrixと呼ばれる著名人による鋭いコメントは必見!日々のスポーツニュースがさらに面白くなること間違い無しです。

VICTORY ALL SPORTS NEWS

PasYouでビデオメッセージをリクエストしよう!

憧れの選手から『あなただけ』に向けた完全オリジナルメッセージが届きます。ファンの方のリクエストをもとに、1つずつビデオレターを撮影いたします。(一本およそ60秒程度です。)特に、下記のようなリクエストが集まっております。

『毎日頑張る子どもにメッセージを贈りたい!』
『友人の誕生日にメッセージを贈ってあげたい!』
『大事な試合に向けて、自分のことを鼓舞してほしい!』

リクエストページへ

■PasYouのTwitterでは随時、選手へのインタビュー記事を投稿しています。不定期的に選手のサイン入りユニフォームなどが当たるプレゼント企画などもやっていますので、是非フォローしてみてください!

■Twitterタイムライン

■Twitterフォローボタン

VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部