(C)荒川祐史

情熱を持ち、いろいろな情報を知っていることが大切

「人に言われてやることはたいしたことにならない。自分で進んでやってください。そこに情熱がない人がやっても、変わらない。情熱を持つことは最低条件ですよね」 

情熱があれば、もっと勉強して相手を説き伏せようと考えるようになる。行動しようとする姿勢が次につながる。川淵氏は講義中にこのように語った。

「情熱を持っているというのは最低限のレベルの話です。やはり、いろいろな情報を持っているということが大事です。教養とまでは言わないけれど、知識と経験。今は世界中のことを勉強できる時代ですから。もちろん海外に出て、実物を見て、触れて、学ぶのが一番いいことですが、日本にいても勉強できる機会はたくさんあります。最も大切なことは、集めた知識と経験を元に、物事を定量的に把握することです。現実的に、こういうふうにいくためには、こうした方がいい、ああした方がいいというアイデアを出さないといけない」

元サッカー選手の川淵氏がJリーグの発足に情熱を注いだのはわかる。しかし、トップリーグ連携機構の会長となり、バスケットボールやハンドボール、バレーボールのガバナンスにも積極的に関わり世直しを図る。その情熱はどこから来るのだろう。

「僕はいろいろなスポーツが好きなんですよ。サッカーは好きだけど、野球は嫌いという人が理解できない。日本のスポーツがみんな良くなってほしいと真剣に考えています。それにこの年になると、もう地位や名誉、お金にも執着しなくなるから、失うものがない。だから強いし、相手にとっては扱いづらいのでしょう」

(C)荒川祐史

基礎的な知識を得る努力の積み重ねが、必要とされる能力を育てる

サラリーマンとしての30年の経験、そして、プロ化の準備期間からJリーグチェアマンを経て、日本サッカー協会会長を務めた20年の実績があるからこそ、競技団体のどこが悪いのか、どうすべきなのかがわかるという。

「例えば、僕はどこかのリーグの決算を一目見れば、どこが問題だということがわかる。これがわからないとなかなか次に進めない。僕が欲しいと思う人材は、そういう能力を持った人ですね」

では、どうすれば川淵氏に必要とされる能力を身につけることができるのだろうか。

「まずは基礎的な知識を得る努力をした方がいいですね。そこがスタート地点になるわけだから。例えば、どこのリーグはどういった特徴を持っていて、収入はどれだけあるのか。今はそういう情報がオープンになっていて簡単にデータが取得できる時代です。そういった情報を能動的に集めて、それらの数字を見ながら、どういうことが足りないのか、または成果が出ている理由などを推測していく。こういった小さな積み重ねが力になります」

川淵氏は81歳となった今も、バスケットボールやバレーボールといった室内競技の発展のために、音楽業界とコラボレートして、アリーナ文化や物販などのマーケティングの仕組みなどさまざまな情報を収集している。まるで呼吸をするかのように新しい知識を得ることをやめない。好奇心を持ち、新しい知識や経験を経て、物事を定量的に把握する。これを積み重ねることのできる人材が、スポーツビジネスの現場で重宝されていくのだろう。

<了>

(C)荒川祐史

[PROFILE]
川淵三郎
公益財団法人日本サッカー協会最高顧問
一般社団法人日本トップリーグ連携機構会長
公益財団法人日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会評議員会議長
1936年生まれ、大阪府出身。早稲田大学サッカー部を経て、1961年に古河電工入社、同社サッカー部でプレー。1964年の東京オリンピックに出場。1970年に現役を引退したあと、古河電工サッカー部、日本代表監督などを歴任。1988年にJリーグの前身となる日本サッカーリーグの総務理事につき、プロサッカーリーグの設立に尽力。1991年、Jリーグ初代チェアマンに就任。2002年、日本サッカー協会会長就任、現職は最高顧問。バスケットボール界の改革にも携わり、2015年、新たなプロリーグ「Bリーグ」を設立。2015年、Bリーグチェアマン、日本バスケットボール協会会長に就任(現在はエグゼクティブアドバイザー)。その他、日本トップリーグ連携機構会長、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会評議員会議長を務める。

川淵三郎×池田純。2人の革命児が語るスポーツエンターテイメントの経営と未来

日本のスポーツ界に革新をもたらした、川淵三郎氏と池田純氏。Jリーグ、Bリーグの発足にたずさわり日本のスポーツ界に革命的なインパクトを与えた川淵氏。横浜DeNAベイスターズを5年経営し、横浜スタジアムを買収し黒字転換を達成した池田純氏。分野こそ違えど、両者は共通の視点を持つ。2人が危惧する、日本スポーツ界の未来とは。(取材:岩本義弘 写真:新井賢一)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

「卓球の放映権を中国や東南アジアに売りたい」松下浩二氏(NSBC第16回レポート)

「2020年の先を見据えた、スポーツの未来を考える」をコンセプトに、スポーツをビジネスとして考え、実行に移せる人材を輩出していく学びの場『Number Sports Business College』。第16回となる講義でゲストに迎えられたのは、今秋開幕となる卓球リーグ「Tリーグ」発足をリードする松下浩二氏だ。選手として世界ランキング最高17位、日本人初のプロ卓球選手として海外に渡り、現在は日本初のプロフェッショナルな運営をする卓球リーグの立ち上げに挑む。“生涯チャレンジ”。そんな言葉がよく似合う同氏のビジネスへの志とは。(取材・文=出川啓太 写真=荒川祐史)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

太田雄貴「日本人としての戦い方を模索する」(NSBCレポート 第15回)

「2020年の先を見据えた、スポーツの未来を考える」をコンセプトに、スポーツをビジネスとして考え、実行に移せる人材を輩出していく学びの場『Number Sports Business College』。第15回となる講義でゲストに迎えられたのは、今年8月に若干31歳で日本フェンシング協会会長に就任した太田雄貴氏だ。選手として北京オリンピックで個人銀、ロンドンオリンピックで団体銀メダルを獲得した日本フェンシング界の開拓者が思い描く改革の道とは。(取材・文=出川啓太 写真=荒川祐史)

VICTORY ALL SPORTS NEWS

隈研吾「これからの建築には飲み込む力が必要なんじゃないかな」(NSBCレポート 第13回)

「2020年の先を見据えた、スポーツの未来を考える」をコンセプトに、スポーツをビジネスとして考え、実行に移せる人材を輩出していく学びの場『Number Sports Business College(以下、NSBC)』。第13回となる講義でゲストに迎えられたのは、大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体の一員として新国立競技場の設計に携わる建築家・隈研吾氏だ。今回は、NSBCを主催する池田純氏と共に横浜スタジアムの「コミュニティボールパーク化構想」を進める建築家・西田司氏も登壇した。これまで国内外問わず、さまざまなフィールドで既成概念を突破してきた隈氏が、これからの建築に必要なものとして挙げた「飲み込む力」とは。そこにはビジネスにも応用できる社会の本質が隠されている。(取材・文=出川啓太 写真=荒川祐史)

VICTORY ALL SPORTS NEWS
松下直樹(アシックス)「選手がパフォーマンスを上げて、初めてその選手や団体をサポートしていると言える」(NSBCレポート 第14回)ジム・スモール(MLB JAPAN ヴァイスプレジデント)「スポーツビジネスの優位点は“情熱”にある」(NSBCレポート 第11回)
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部